「ラーメン夜食つき夜行列車」に乗ってみた これは「深夜のSA」だ! 光るLED職人の技

夜食にラーメンが用意される夜行列車「WEST EXPRESS 銀河」に乗って、実際にそれを体験。その味のほかにも、まるで深夜のサービスエリアのような、独特の雰囲気を楽しむことができました。LED職人の技も堪能です。

和歌山駅ホームにいきなり「ラーメン」!?

 JR西日本が2021年7月16日(金)より、特急「WEST EXPRESS 銀河」を京都~新宮間で運行します。京都駅を出て本州最南端の町である串本を経由し、和歌山県南部の新宮駅へ向かう列車は夜行です(京都行きは昼行)。

 この新宮行き夜行「WEST EXPRESS 銀河」では、途中の和歌山駅で名物「和歌山ラーメン」を夜食として用意してくれます。

 7月3日(土)から4日(日)にかけて、ひとあし早くこの夜行列車に乗車。「夜行列車の夜食ラーメン」を、実際に食べてきました。

 京都駅を21時15分に発車した特急「WEST EXPRESS 銀河」は、23時42分に和歌山駅へ到着。ホームへ降りた瞬間、その発車案内板を流れていた文章で「ニヤリ」とさせられます。

Large 200707 ginga 01
「ラーメン」が描かれた和歌山駅の発車案内板(2021年7月3日、恵 知仁撮影)。

「おもてなし第一弾は、『和歌山ラーメン』です(ラ)(ー)(メ)(ン)。これからの長旅に備え、細麺に豚骨醤油スープがよく絡んだマイルドな味わいの『まる豊』の和歌山ラーメンをごゆっくりご堪能ください」

 麺が箸で持ち上げられた4つのドンブリに「ラーメン」の文字(上の文の()はドンブリだと思ってください)。光る和歌山駅「LED職人」の技とおもてなしに食欲がさらにそそられて、駅の外へ出ます。

【夜行ラーメン特急】「WE銀河」深夜の旅を写真で楽しむ!【実際の様子】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント