出たぞトヨタ新型「アクア」 トヨタ初「快感ペダル」搭載 新開発電池で街乗りほぼ電気?

小さな「MIRAI」?

10年ぶり新型 燃費はどうなった?

 トヨタは2021年7月19日(月)、コンパクトカー「アクア」の新型を発売したと発表しました。

 アクアは10年ぶりのフルモデルチェンジ。寸法は変わらず、5ナンバー区分のままですが、ホイールベースが50mm延長されました。

 今回もハイブリッド専用車として、1.5Lのエンジンに、従来型アクアのニッケル水素電池に比べバッテリー出力が約2倍となる新開発の「バイポーラニッケル電池」を組み合わせています。

Large 210719 aqua 01

拡大画像

新型「アクア」(画像:トヨタ)。

 燃費は35.8km/hと、「ヤリス」にやや及びません。しかしバイポーラニッケル電池の採用により、電気だけで走れる速度域が拡大したことで、「街中の多くのシーンでエンジンを使わない電気だけでの走行を実現」したということです。

 このほかの主な新機能は以下の通り。

・快感ペダル:トヨタ初採用。アクセルペダルを緩めるだけで回生によって減速度を増大させ、滑らかに減速することが可能。アクセル・ブレーキペダルの踏みかえ頻度を抑え、ドライバーの負担を軽減する。

・先進安全装備TSS(トヨタセーフティセンス):クルーズコントロールは全車速追従型を採用。

・アドバンストパーク:フルオートの駐車支援機能。トヨタのコンパクトで初採用。

・パーキングサポートブレーキ:前後進行方向だけでなく、側方の静止物を検知し、警報とブレーキ制御で接触回避を支援する。

 このほか、10.5インチ大型ディスプレイオーディオもトヨタコンパクトカーとして初採用されています。

 価格は廉価グレードの「B」で税込198万円からですが、これはレンタカーや法人向けが想定されており、販売の中心はより上位のグレードになりそうです。

【了】

【MIRAIっぽい?】新型「アクア」内外装を画像でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント