ホンダと楽天「自動配送ロボ」で実証実験 大学構内を走行 楽天モバイル回線で遠隔監視【Merkmal】

本田技術研究所と楽天グループが自動配送ロボットの走行実証実験を始めた。ホンダのロボティクス技術と楽天の配送サービスのノウハウを組み合わせて、自動配送ロボットの検証を行う。

筑波大学構内などを自動走行

Large 210719 hndrktnrobo 01
ホンダのプラットフォーム型ロボティクスデバイスを活用した自動配送ロボット(画像:ホンダ)。

 本田技術研究所と楽天グループは2021年7月19日(月)、筑波大学構内や一部公道で自動配送ロボットの走行実証実験を開始した。

 宅配のラストワンマイルにおける非対面・非接触のニーズや配達員不足といった課題解決に向けて、ホンダのロボティクス技術と楽天の配送サービスのノウハウを組み合わせて、自動配送ロボットの検証を行う。

 具体的には、ホンダが開発した自動配送機能を備えた車台に、楽天が開発した商品配送用ボックスを搭載。ホンダの交換式バッテリー「Honda Mobile Power Pack」を電力源とし、筑波大学構内の宿舎周辺と一部公道を含む全長約500mを、楽天モバイルの通信回線で遠隔監視しながら自動走行する。

 ホンダは自動配送ロボットの機体とシステムの開発・仕様検討と技術実証、楽天は安全面対策の検討、商品配送用ボックスの開発、サービス実用化の検討を担う。実習実験は8月31日(火)まで。

【了】

提供:Merkmal
「Merkmal(メルクマール)」とは……「交通・運輸・モビリティ産業で働く人やこの業界へ進出したい人が、明日に役立つ気づきを得られるニュースサイト」として発足しました。MaaS、CASE、環境への対応、自動運転技術など、変革著しい交通・運輸・モビリティ産業にまつわる最新ビジネス情報を独自の視点で発信しています。

Writer: Merkmal編集部

「Merkmal(メルクマール)」は「交通・運輸・モビリティ産業で働く人やこの業界へ進出したい人が、明日に役立つ気づきを得られるニュースサイト」として発足しました。MaaS、CASE、環境への対応、自動運転技術など、変革著しい交通・運輸・モビリティ産業にまつわる最新ビジネス情報を独自の視点で発信しています。

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント