三菱重工 磁気誘導式の防爆無人搬送車(AGV)を開発 防爆移動型ロボットがベース

見た目は据え置き式機械のようですが、走ります。

作業員の安全確保などに貢献

 三菱重工は2021年2月9日(火)、引火性の高いガスが蔓延する中でも、安全に走ることが可能な磁気誘導式「防爆無人搬送車」を開発し、初号機をこのほど顧客に納入したと発表しました。

Large 210209 agv 01
防爆無人搬送車(AGV)の前方。指令方式は無線通信およびタッチパネル操作で、最大重量牽引時の走行速度は約1km/hとのこと(画像:三菱重工)。

 無人搬送車とは「AGV(Automatic Guided Vehicle)」と呼ばれる産業用の自動運転車の一種で、人間が運転操作をせずに自動で走行可能な搬送車両のことです。加えて「防爆無人搬送車(AGV)」は、工場電気設備防爆指針「Ex2018」に準拠した防爆設計となっており、これにより可燃性ガスのある危険エリア(Zone1)においても安全に使用できる自動運転車となっています。

 三菱重工の防爆無人搬送車は、自ら出す電気火花や熱などでガスへ引火し、爆発や火災を引き起こす危険性を抑えているほか、今回発表された新型は、床面に敷設した磁気テープを読み取って操縦不要で走行できるのが特徴で、これにより操縦がさらに省力化できるといいます。

 このタイプの最大牽引能力は800kg。また指定場所で牽引物を自動着脱するようカスタマイズしたり、バッテリーを交換することで稼働率を高めたりすることも可能とのこと。なお、バッテリーには耐圧防爆構造に適用可能なニッケル水素電池を採用しており、高い安全性と信頼性を両立させています。

 さらに、安全運用のためのセンサー(接触型および非接触型)が複数設置されており、衝突防止などの安全性向上にも配慮した作りになっています。

 開発に際しては、三菱重工が原子力発電プラント事故の収束支援活動などで成果を挙げた防爆移動型ロボットの設計技術をベースに、愛知機械テクノシステム株式会社(名古屋市)が保有する磁気誘導式AGVの設計・製造技術を統合する形で行われたそうです。

【了】

【写真】軽自動車よりも重い頑丈なAGVの後ろ姿

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント