イギリス原子力潜水艦が韓国へ到着「クイーン・エリザベス」空母打撃群の随伴艦

空母「クイーン・エリザベス」のエスコート役なのか?

在韓米軍基地もある釜山に英原潜が入港

 イギリス海軍の原子力潜水艦1隻が2021年8月11日(水)、韓国の釜山に入港しました。

 姿を見せたのはイギリス海軍のアスチュート級攻撃型原子力潜水艦で、艦名は不明であるものの、西太平洋を航行中のイギリス空母「クイーン・エリザベス」を中心とした空母打撃群(CSG21)に付き添っている潜水艦ではないかと見られています。

Large 210812 hmssub 01

拡大画像

イギリス海軍のアスチュート級原子力潜水艦(画像:イギリス海軍)。

「クイーン・エリザベス」空母打撃群を構成する艦の中に潜水艦は含まれていないものの、常に随伴していたようで、7月上旬に同空母打撃群がスエズ運河を抜け紅海(インド洋)に入った際には、空母打撃群の構成艦であるフリゲート「リッチモンド」が、同行していた船として、アスチュート級原子力潜水艦の艦影を公式Twitter(ツイッター)に上げていました。

 今回、釜山に入港したアスチュート級原子力潜水艦が、7月にフリゲート「リッチモンド」が公開した原潜と同じ船かは不明ですが、イギリス海軍の原子力潜水艦が極東に来航することは、なかなかありません。

 なお、イギリス原潜が入港した釜山にはアメリカ海軍の基地があり、在韓米海軍の司令部が置かれています。ここは排水量10万トンを越えるアメリカ海軍の原子力空母も接岸可能な広さを有しています。

【了】

【写真】英軍艦「リッチモンド」が公開したイギリス原潜の姿

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ぜひ焼き払っちゃってください^^