赤い日産新ロゴ登場 新型「フロンティア」9月登場 北米ピックアップトラック4代目の特徴は

価格も発表しました。

価格は2万7840ドル~

Large 210812 frontier 01

拡大画像

日産の新型「フロンティア」(画像:日産)。

 日産の米国法人は2021年8月10日(火)、北米市場を中心に生産・販売しているピックアップトラック「フロンティア」の4代目新型を9月に発売すると発表しました。

 エクステリアは、新採用のヘッドライトやグリル、フロントバンパーなどで、迫力あるフロントデザインに。フロントとリアのエンブレムや、ホイール、ステアリングには、日産の新しいCI(コーポレートアイデンティティ)が配置されます。

 インテリアは、9インチカラータッチスクリーンを標準装備。Apple CarPlayやAndroid Autoに対応し、Wi-Fi、ワイヤレス充電などの機能も搭載しています。

 先進安全装備は「セーフティシールド360」を標準装備するほか、米国日産のラインナップでは初となるオフロードモードを備えた「インテリジェントアラウンドビューモニター」などが備えられています。

 パワートレインは3.8リッターV型6気筒エンジン、9速ATを採用。サイズは全長5399~5692mm、全幅1854mm、全高1821~1839mmです。

 新型は6フィートベッド仕様のキングキャブと、5フィートベッド仕様のクルーキャブを設定。価格は、キングキャブが2万7840ドル(約308万円)~3万3740ドル(約373万円)、クルーキャブが2万9340ドル(約324万円)~3万7240ドル(約412万円)です。

【了】

【画像】「フロンティア」の外観・内装と歴史をチェック(72枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント