エミレーツ航空のアクロバティックすぎるCM どう誕生? 合成ナシ! 800m超のビル頂上にCAが

5時間もいたんですってよ…ひえ~!

同社ブランドチームが考案

 アラブ首長国連邦のドバイに本拠を構えるエミレーツ航空が2021年8月から、海外で新CMを公開。このCMの内容は、世界最高の高さを持つビル、ドバイの「ブルジュ・ハリファ」の頂上(828m)にエミレーツ航空のCA制服を着用した女性が立っている、というものです。この前代未聞のアクロバティックな演出は、どのように実現したのでしょうか。
 

Large 210818 ek 01
エミレーツ航空のエアバスA380(画像:エミレーツ航空)。

 このCMは、「グリーンバックによる合成や特殊な編集などは一切使わず」に撮影されたといいます。CMコンセプトは、同社のブランドチームが考えたものだそうです。同社によると、出演者は実際の客室乗務員チームからキャストを募るオーディションが実施されたものの、最終的には、安全性の確保のため、プロのスカイダイビング・インストラクターが起用されたとのことです。

 ビルの頂上のスペースは、わずか幅1.2m。撮影はドローンで行われ、主演者と撮影チームはビルの最上階から頂上まで1時間15分かけて登ったのち、約5時間も頂上に滞在したといいます。

 エミレーツ航空によると、第一弾のテレビCMは、イギリスで放送されるとのこと。同社は「本広告は、エミレーツ航空のグローバルネットワーク上の複数の市場に向けて、さまざまな視聴者に合わせたメッセージを届ける予定です」とコメントしています。

【了】

最新記事

コメント