「しらばっくれて公道走行」で事故 代償重く 電動キックボード全国初の「危険運転」書類送検

無免許・無届・赤信号無視で事故を起こした電動キックボードの利用者が、無免許危険運転致傷容疑で送検されました。そのままでは公道走行不可であることを知っていながら起こした事故、その代償は重いものでした。

「ことさらに赤信号を無視」

 飲食店勤務、新宿区在住の23歳の女性が、新宿区歌舞伎町付近を電動キックボードで無免許運転。赤信号を無視して直進しタクシーに衝突。2021年8月26日(木)、自動車運転死傷処罰法違反(無免許危険運転致傷)などの容疑で送検されました。電動キックボード利用中の適応は全国で初めてのことです。

Large 210826 kick 01
無届で公道を走行している電動キックボードが見られる。写真は大阪での事例で、今回の事件とは無関係(中島みなみ撮影)。

 警視庁の発表によると、女性は6月2日19時10分頃、JRの新宿大ガード東交差点(新宿区新宿3丁目23先)を「赤信号をことさらに無視して直進」。女性の左側から青色信号に従って交差点に進入しようとしていたタクシーと衝突し、同乗者に加療10日間の頭部打撲を負わせたものです。女性も右手の骨を折る重傷でした。

 現場は女性が進行していた方向に5車線、タクシーが進行していた方向に4車線の大きな変則十字路です。渋滞の少ないコロナ禍で通過車両のスピードは速いですが、女性は約20km/hで走行していました。

 女性の運転する電動キックボードは原動機付自転車としての登録が必要でした。しかし、その届出を怠っていたことで、前述のほかに2つの容疑に問われています。

 自賠責保険未加入だったことによる無保険運行(自動車損害賠償保障法違反)。灯火類・方向指示器、警音など必要な保安部品を取り付けていなかった整備不良(道路交通法違反)です。

【写真】事故現場&違法走行事例 実は電動キックボードだけでなく

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 前にこの乗りものニュースで15km/h以下ならメット不要の実証試験などとあったが、スポンサーがいうことだったら断れないのだろうな、と想像しています。

  2. この事故の加害者は書類送検との事ですが、タクシー側に怪我人が出ているのであれば、逮捕が必要ではありませんか?
    加害者も怪我とのことであれば、警察病院にとなるのでは?

    無免許で事故起こして、怪我人出しているのであれば、有罪で前科が付くパターンでしょう?
    執行猶予は付くでしょうけど。

    原則はあるべきで、確たる理由がなければ、守られるべきと思います。