200万円台の新型軽EV、日産・三菱が2022年初頭に発売

日常向けの軽EVです。

バッテリーは20kWh

Large 210827 nmev 00
日産が2019年に披露したEVシティコミューターのコンセプトカー「ニッサンIMk」(画像:日産)。

 日産と三菱自動車は2021年8月27日(金)、合弁会社のNMKVで企画・開発を進めている電気自動車(EV)の新型軽乗用車を2022年初頭に日本国内で発売すると発表しました。

 バッテリーの総電力量は20kWhで「安心して日常で使用できる航続距離を確保する」といいます。EVバッテリーの電気を自宅に給電することで家庭の非常用電源としても使用が可能です。

 車両寸法は全長3395mm、全幅1475mm、全高1655mm。車両本体価格から補助金額(2021年度と同額と想定)を差し引いた実質購入価格は約200万円からとなる見込み。

 両社は「EVならではの力強い加速、滑らかな走り、そして高い静粛性を兼ね備えるモデルです。さらに、運転支援技術をはじめとする、様々な先進技術も搭載します」としています。

【了】

近未来なEVコンセプトカー「ニッサンIMk」外観・内装を見る(30枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント