静岡沼津の黄瀬川大橋 8/31に通行再開へ 仮橋のため中・大型自動車や二輪の通行は不可

急ピッチで復旧作業が進められています。

旧国道1号である主要県道がようやく通行止め解除へ

 国土交通省および静岡県は2021年8月26日(木)、大雨によって橋脚が沈下し、通行止めが続く静岡県道富士清水線の黄瀬川大橋について、31日(火)13時に通行止めを解除すると発表しました。

Large 210827 kisegawa 01

拡大画像

仮橋の架設工事を行う550t大型クレーン(画像:静岡県沼津土木事務所)。

 これは、静岡県知事の要請に応える形で国土交通省の技術支援(TEC-Force)および応急組立橋の県への貸与が行われ、応急復旧工事が完了するめどが立ったからとのこと。

 ただ、あくまでも仮設橋のため幅が狭いなどの理由により、安全確保の観点から通行可能な車両を制限するとしています。通行できないのは車両総重量7.5t以上の中型自動車と、それ以上となる大型自動車で、加えて自転車や原付、オートバイといった二輪車も通れません。

 さらに通行の際は現地の誘導に従って徐行することが呼びかけられています。また黄瀬川の水位等の状況によっては通行止めとなる場合もあるといいます。

【了】

【地図】通行再開区間と仮橋の車両制限の詳細

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント