スバル新型「アウトバック」初公開! 7年ぶり刷新で安全装備など進化

先行予約が始まりました。

先行予約受付を開始

Large 210902 outback 01
スバルの新型「アウトバック」(画像:スバル)。

 スバルは2021年9月2日(木)、クロスオーバーSUVの新型「レガシィアウトバック」の日本仕様を初公開。あわせて10月7日(木)の発売に先駆けて先行予約受付を開始したと発表しました。

 6代目となる今回も「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」というコンセプトのもと、歴代モデルが培ってきた価値に最新の技術を組み合わせることで、さらなる進化を遂げているといいます。

 エンジンは、1.8L水平対向4気筒直噴ターボエンジンを採用。燃費(スバル測定)はJC08モードが15.8km/L、WLTCモードが13.0km/Lです。

 車体寸法は全長4870mm、全幅1875mm、全高1675~1670mm。ホイールベースは2745mm。最小回転半径は5.5m。スバルグローバルプラットフォームとフルインナーフレーム構造などを採用し、動的質感と衝突安全性能の大幅な向上につなげたとしています。先進安全装備は、「新世代アイサイト」や3D高精度地図データを採用した高度運転支援システム「アイサイトX(エックス)」を全車標準装備しています。

 外観は、スピード感のあるシルエットに、厚みを強調したボディパネルや、力強さを表現したクラッディングを組み合わせてアクティブさとタフさを表現。

 内装は、ハーマンカードンサウンドシステムや本革シート(ナッパレザー)を採用し上質感を演出。さらに大型センターインフォメーションディスプレイや、フル液晶メーターなどを装備しています。

 レガシィアウトバックは、1995(平成7)年に北米市場で誕生。今回は2014(平成26)年の5代目以来7年ぶりの刷新です。

【了】

新型「アウトバック」の外観・内装&米国仕様を見る(13枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント