クルマ好きには分かってもらえる? キハ85系気動車に心くすぐられたワケ

JR東海が報道陣向けに行った、キハ85系とHC85系の乗り比べツアー。HC85系の快適さに感動しましたが、キハ85系のほうが魅力的だった部分もありました。クルマ好きの人には、結構分かってもらえるかもしれません。

旧型車のほうが魅力的だった部分

 特急「(ワイドビュー)ひだ」「(ワイドビュー)南紀」で使用されているキハ85系気動車(ディーゼルカー)の後継車両として、2022年度、JR東海の新型車両「HC85系」がデビューする予定です。

Large 210903 dc85 01
JR東海のキハ85系ディーゼルカー(画像:写真AC)。

 2021年8月、JR東海が報道陣向けに、この新旧2車種を乗り比べる試乗会を開催。これを取材してきたのですが、1989(平成元)年にデビューしたキハ85系に比べ、新型のHC85系は音も振動も小さく、全席にコンセントもあって、快適性のレベルが大きく違いました(当たり前ですが)。

 新型のHC85系は、搭載するディーゼルエンジンと発電機により生み出した電気と、回生ブレーキ時にバッテリーへ充電した電気を使い、電気モーターを駆動させて走行するハイブリッド方式(シリーズ式)の車両。そうした理由などから静かで振動が少なくなっているのですが、正直、キハ85系のほうが魅力的だった部分もありました。

【諸元表】JR東海「キハ85系ディーゼルカー」の性能 & 写真で見る新型「HC85形」の姿

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 北海道のキハ283系は加速している場面でもないのにエンジンがふかされることが多く、こつこつ音をたてる自己操舵台車と相まって不愉快だった。欠陥車だとして廃車が進んでいるが、それもわかるような気がした。

    • 列車に爆音マフラーがついていたりはしませんけどね。これからいろんなことを我慢しなければならなくなるのでしょう。電気自動車が低速で走行するときの擬似音とか、軽自動車なのに排気ブレーキの解放音もどきを出させるパーツとかありますけどね。列車ではそこまでは…
       イタリアの高級EVに新たな音楽的な変調音を出すものができたそうです。聞いてみたくはあります。