アメリカ海軍 レーザー兵器搭載のイージス艦を横須賀へ配備

ぱっと見代わり映えしませんが、レーザー砲積んでます。

米海軍でも数少ないレーザー搭載艦が日本へ

 アメリカ海軍は2021年9月8日(水)、ミサイル駆逐艦「デューイ」が日本へ到着し、第7艦隊所属として前方配備についたと発表しました。

Large 210910 ddg105 01

拡大画像

アメリカ海軍横須賀基地に到着したミサイル駆逐艦「デューイ」(画像:アメリカ海軍)。

「デューイ」は、アーレイバーク級駆逐艦の55番艦で、いわゆるイージス艦と呼ばれる対空戦闘能力に秀でた軍艦です。また本艦は「AN/SEQ-4」というレーザー兵器システムを搭載しているのも特徴です。

 これは「ODIN(Optical Dazzling Interdictor, Navy)」と呼ばれるもので、照射することでドローンを含むUAV(無人航空機)やミサイル、無人水上艇(USV)などのカメラやセンサー類を破壊・無力化することが可能といわれています。

 AN/SEQ-4 ODINは艦橋前部の1段高くなった場所、従来は20mmバルカン砲があった場所に設置されています。

【了】

【レーザー兵器のアップも】太平洋を渡る駆逐艦「デューイ」ほか

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント