「タント」に安全機能&新色追加! ダイハツ初「コーナリングトレースアシスト」とは?

ダイハツが「タント」を一部改良!

一部グレードで安全先進機能を標準装備

Large 210921 tanto 01

拡大画像

軽自動車「タント カスタムRS“スタイルセレクション”」の2WD・ターコイズブルーマイカメタリック(画像:ダイハツ)。

 ダイハツは2021年9月21日(火)、軽乗用車「タント」を一部改良し、全国で一斉発売しました。

 今回の一部改良は、「Xターボ」「カスタムRS」「カスタムRS“スタイルセレクション”」の各グレードに電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能、車両姿勢安定化制御のコーナリングトレースアシストを標準装備し、先進安全機能を進化させました。

 ダイハツ初というコーナリングトレースアシストは、走行中にカーブの差し掛かりでドライバーのブレーキを補助し、遠心力に負けず安定した姿勢を保つことで安全性を向上させる機能です。

「X」「カスタムX」「カスタムX“スタイルセレクション”」の各グレードには、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)や電動パーキングブレーキ、オートブレーキホールド機能、コーナリングトレースアシストなどを含む「スマートクルーズパック」をメーカーオプションで設定しています。

 また、ボディカラーを一部変更。「プラムブラウンクリスタルマイカ」や「ターコイズブルーマイカメタリック」が追加されています。

 今回の一部改良グレードを含む「タント」の価格(消費税込み)は、124万3000円から202万4000円です。

 なお、福祉車両(フレンドシップシリーズ)の回転シート車「タント ウェルカムターンシート」、昇降シート車「タント ウェルカムシートリフト」、車いす移動車「タント スローパー」も同様に対象グレードで一部改良、ボディカラー追加が行れ、発売されています。

【了】

【画像】最新「タント」の車内

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント