台風で被災の日南線 27日から一部でバス代行輸送 南宮崎・宮崎まで高速経由の直行便も

道路も被災し、一部区間では代行輸送のめども立っていません。

青島~志布志で鉄道が大規模運休中

Large 210820 nichinan 01

拡大画像

志布志駅に停車中の日南線の列車。志布志~青島間で運休が続く(乗りものニュース編集部撮影)。

 JR九州は2021年9月24日(金)、今月上陸した台風14号で被災し青島~志布志間で運休が続く日南線について、バスによる代行輸送を27日(月)から実施すると発表しました。

 日南線は9月16日に上陸した台風14号の影響で、内海~小内海間で土砂流入が発生。青島から先が運休になっています。今回は、日南線に並行する国道220号も被災し、折生迫~小内海間に相当する区間で通行止めになっています。復旧に時間がかかることが見込まれるため、日南線は運休となっている青島~志布志間のうち、今回はまず北郷~志布志間のみでバス代行輸送を開始します。

 代行バスの輸送体系は志布志~飫肥(一部は北郷まで)および南郷~北郷~宮崎の2経路で、宮崎発着便については北郷から飫肥杉峠を越えて北上し、田野ICから宮崎自動車道を利用するというルートで、南宮崎駅まで直行するというルートになっています。

 いずれも平常時よりも本数は大幅減。たとえば飫肥駅の発車時刻でみると、志布志行きは7時07分発の次は15時13分発となっているなど、注意が必要です。

 JR九州は、バスによる代行輸送は「当面の間」としています。

【了】

【代行バスの概要とダイヤ&被災・運休区間を見る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ありがとうございます。そして、運休は当面のあいだなので、実質永久に運休、つまり廃止確実なのでありますね。肥薩線や添田駅以南の日田彦山線と同じ運命になるようですね(ちなみに久大本線も似たようなケースがありますが、こちらは運休期間が「当面のあいだ(実質永久に実施で、当面以降を正式化)」ではなく「当分のあいだ(期間は定まらないものの短期間で再開予定※両者の言葉は非常に似ているが、全く意味が違うので混合しないように)」であり、大都市の福岡[博多]や久留米、大分などからの沿線観光需要が多い事から期間は定まらないものの短期間で再開を前提し、事実約1ヶ月程度で完全復活し、現在に至る)。さようなら‼︎青島駅以降の日南線‼︎&特急「海幸山幸」号‼︎地元九州でありながら一度も乗ったことがないですが、大変残念であります。現地に行きたいところですか、このご時世なので、オンラインテレワーク上で青島駅以南の葬式鉄を執り行いました。なお、「海幸山幸」については肥薩線の特急「いさぶろう/しんぺい&かわせみやませみ」や「SL人吉」みたいに鹿児島線沿線で出向営業運転が予想されますから、葬式鉄は行いませんでした。もう志布志へはバスへの移行になりますね。