2021年8・9月廃止の路線バス【東日本】 テレビの「乗り継ぎ旅」ルート相次ぎ消滅

【東海】昔は結構バス来ていたのに……

●遠鉄バス:浜名線など6路線(静岡県)
・廃止区間:馬郡車庫~湖西市役所など
(9月30日〈木〉最終運行、10月1日〈金〉廃止)

 浜名湖を渡って浜松市と湖西市を結ぶ遠鉄バスの浜名線は、平成以降も浜松駅~湖西市役所間が1時間に2~3本は運行されるなど、同社の幹線として長らく君臨していました。今回の路線廃止で遠鉄バスは湖西市から全て撤退し、市内の交通は「コーちゃんバス」(市営バス)に託されることとなります。

 湖西市には自動車部品や蓄電池など数多くの企業が立地し、市内の鷲津駅、新所原駅には企業への送迎バス(特定輸送車両)が発着し、路線バスの空白地帯を走ることも。そこで湖西市は企業と連携し、企業送迎バスを予約制の路線バスのように乗車可能にするプロジェクト「BaaS」の実証運行を行っていますが、直近は新型コロナウイルスの影響で延期しています。

Large 210925 east 04

拡大画像

遠鉄バスの車両。写真は廃止路線とは異なる(宮武和多哉撮影)。

●名鉄バス:桃山線(愛知県)
・廃止区間:春日井駅~桃山~大草
(9月30日〈木〉最終運行、10月1日〈金〉廃止)

 小牧市・名古屋市境に広がる人口約2.6万人の「桃花台ニュータウン」にほど近い桃山・大草地区で運行されていた桃山線ですが、住宅開発のエリアから南東に外れることもあって、ちらほらと残る裏路地や田園風景を走るのどかな路線でした。2009(平成21)年に大幅な本数削減を行ったものの収支は改善せず、今回の廃止に至りました。

 なお路線の終点である大草地区は桃山台方面へのバスが多く運行され、桃山町バス停の近辺でも他のバス路線が近いことから、代替手段は準備されないそうです。

※一部修正しました(9月2日18時10分)。

【了】

【廃止バス路線(東日本)を写真でザっと見る】

Writer: 宮武和多哉(旅行・乗り物ライター)

香川県出身。鉄道・バス・駅弁など観察対象は多岐にわたり、レンタサイクルなどの二次交通や徒歩で街をまわって交通事情を探る。路線バスで日本縦断経験あり、通算1600系統に乗車、駅弁は2000食強を実食。ご当地料理を家庭に取り入れる「再現料理人」としてテレビ番組で国民的アイドルに料理を提供したことも。著書「全国“オンリーワン”路線バスの旅」など。

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 確か箱根登山バスの市内線エリア一部と東武バススカイツリーシャトル和光志木線も廃止でしたね。

  2. 「小諸市・佐久市の全域から定時運行の路線バスが姿を消」すと書かれていますが、
    ・小諸市内のバスはJRバス関東の高峰高原線が残るほか、EVによる市内巡回バスが走っています(無料なので厳密に言えば路線バスではありませんが)。
    ・佐久市は平日朝夕に中仙道線や佐久御代田線、望月から各方面の路線が走っています。土日には白駒線があります。
    ということで両市とも路線バスは残ります。

    • 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
      乗りものニュース編集部です。

      このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

      これからも変わらぬご愛顧を賜りますよう、
      何卒よろしくお願い申し上げます。