ボーイング 米海軍へF/A-18「スーパーホーネット」の最新型ブロックIIIを納入

見た目はほとんど変わっていません。

外観そのまま中身は一新の次世代型「スーパーホーネット」

 アメリカの大手航空機メーカー、ボーイングは2021年9月27日(月)、アメリカ海軍にF/A-18「スーパーホーネット」戦闘機の最新型ブロックIIIの初号機を納入したと発表しました。

Large 210927 fa18blockiii 01

拡大画像

ミズーリ州セントルイスにあるランバート国際空港を離陸するF/A-18「スーパーホーネット」ブロックIII(画像:ボーイング)。

 ボーイングによると、ブロックIIIは「スーパーホーネット」の最新型として第4世代戦闘機以上の能力を持っているといいます。コックピットには10インチ(約25.4cm)×19インチ(約48.3cm)の大型タッチ式ディスプレイを備え、ネットワークシステムやミッションシステムが強化されているほか、機体のRCS(レーダー反射断面積)が従来機と比べ大きく削減されており、機体寿命も1万飛行時間に延びているそうです。加えて、機体外側には容量3500ポンド(約1587kg)のコンフォーマル燃料タンクを取り付けることができ、さらに胴体下部に装着するIRST(赤外線捜索追尾システム)も改良型のブロックIIにアップグレードされているとのこと。

 ただ、アメリカ海軍はF/A-18「スーパーホーネット」ブロックIIIを受領したとはいえ、実戦部隊で運用する前に、さまざまな飛行試験を行う計画です。

 なお、ボーイングとアメリカ海軍は2020年3月に、2024年までにF/A-18「スーパーホーネット」ブロックIIIを78機製造・納入する契約を総額40億ドル(1ドル110円換算で約4400億円)で結んでいます。

 78機の内訳は単座(ひとり乗り)のF/A-18Eが61機、複座(ふたり乗り)のF/A-18Fが17機となっていますが、全機新造ではなく、一部の機体については既存のブロックIIからの改修で賄うとしています。

【了】

【外観の特徴】コンフォーマル燃料タンクを取り付けた「スパホ」ブロックIII

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. コンフォーマルタンクがブサイク

  2. イワクニの周辺住民には悪いが、うるさいのでもうアツギには来ないでね。