自衛隊F-15Jが大幅パワーアップ!? 「イーグル」戦闘機ファミリーの華麗なる転身とは

「20世紀最強の戦闘機」とも評されるアメリカ製のF-15「イーグル」。当初は空対空戦闘に秀でた戦闘機として開発されましたが、いまでは多用途戦闘機に生まれ変わっています。いったい何が影響して姿を変えたのでしょうか。

圧倒的な空対空戦闘能力がF-15「イーグル」に求められたワケ

 ボーイングは2020年7月28日(火)、航空自衛隊のF-15J戦闘機における能力向上改修作業の主契約社である三菱重工業との間で、同社の能力向上改修作業を支援する契約を締結したと発表しました。

Large 200807 f15 01

拡大画像

ボーイングが発表したF-15JSI(ジャパニーズ・スーパー・インターセプター)のイメージCG(画像:ボーイング)。

 F-15J戦闘機は、ふたり乗りのF-15DJと合わせ、2020年3月31日の時点で201機が運用されている航空自衛隊の主力戦闘機です。原型であるアメリカ空軍のF-15「イーグル」戦闘機の初飛行は、2020年現在から48年前の1972(昭和47)年7月27日に行なわれています。

 F-15「イーグル」が初飛行を行った1972年当時、アメリカは10年以上におよぶベトナム戦争の泥沼から抜け出すべく、フランスのパリで、現在のベトナム社会主義共和国の前身である、北ベトナムことベトナム民主共和国と和平協定の締結に向けた話し合いを進めていました。

 ベトナム戦争でアメリカ空軍が使用した戦闘機は、運動性能よりも高速性能や、核爆弾や核ミサイルなどの運用能力を重視して設計されていたため、北ベトナム空軍が用いたMiG-21などのソ連製戦闘機との空対空戦闘、とりわけ格闘戦(ドッグファイト)で苦戦を強いられていました。

 アメリカ空軍はベトナム戦争が苛烈を極めていた1965(昭和40)年から、次期戦闘機の研究を開始していましたが、ベトナム戦争での反省に加えて、1967(昭和42)年7月の「モスクワエアショー」に登場した、MiG-25をはじめとしたソ連の新戦闘機に衝撃を受けたこともあって、新戦闘機には速度性能だけではなく、高い運動性能と航続性能、兵装搭載量も兼ね備え、さらに中距離空対空ミサイルを運用できる高性能のレーダーを搭載した、いかなる空対空戦闘でも優位に立てる戦闘機であることを求めました。

 その結果F-15は、当時最先端の複合素材や高価なチタン合金を多用して軽量化された機体に強力なエンジンを組み合わせ、高性能のレーダーを搭載することで、アメリカ空軍の要求を充たす、近距離でも遠距離でも空対空戦闘を優位に進められる戦闘機となったのです。

【画像】より進化しいつまで飛ぶの? F-15バリエーションいろいろ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント