東急バス最長路線「東京駅~等々力」11月から直通は朝夕夜のみに 乗継割引を新設へ

東急バスの長大路線の「生き残り」がついに運行短縮です。

東急バスの最長路線が日中短縮へ

 東急バスは2021年9月28日(火)、東京駅南口と等々力操車所を結ぶ長距離路線「東98系統」について、11月1日(月)のダイヤ改正で朝と夕夜のみの運行となることを発表しました。

Large 210918 todoroki 01
東京駅と等々力操車所をむすぶ東急バスの最長路線「東98系統」(中島洋平撮影)。

「東98系統」は東京駅丸の内口バスターミナルから日比谷、虎ノ門、白金高輪、目黒通りを経由して東急大井町線の等々力駅付近の等々力操車所へ向かう路線です。走行距離は15kmもあり、現在の東急バスの最長路線となっています。

 現在はラッシュ時に1時間6本、日中も1時間3本が運行されていますが、11月からは昼間便はすべて目黒区内の清水バス停止まりになり、等々力操車所行きは朝と夕夜のみの運行となります。

 この運行短縮にあわせ、新たに等々力操車所~玉川神社前~玉川警察署前~等々力操車所の循環路線「等21」が運行開始します。これは目黒駅前~二子玉川間を運行する「黒02」と「東98」のルートを連絡するもので、等々力小学校前で「等21~黒02」と乗り継ぐことにより、日中に走らなくなる「東98」を補完する形となります。これに伴い、等々力小学校前と清水の2か所で、PASMO・Suica利用時に乗継割引が新たに設定されます。

 東急バスが都心へ大きく足を延ばす「東98」の歴史は古く、戦後すぐから都バスとの共同運行でしたが、2013(平成25)年から東急バスの単独運行に。長大路線バスの「生き残り」としてファンにも馴染みの深い存在となっていました。

【了】

【東急バス最長路線「東98」のルートを見る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 東98は貸切車を使って通常運賃+αの通勤ライナー的急行便を運行すればイケる気がするのだけど。

    • 日中に、それで利用客増えますかね?
      朝夕は東98等々力乗り入れが存続しますから。

      東98高速経由(高速2号目黒線などを経由)は昭和末期まで運行されていましたね。

  2. この記事の途中に次のような文章がありますね。

    ========
    等々力小学校前で「等21~黒02」と乗り継ぐことにより、日中に走らなくなる「東98」を補完する形となります。これに伴い、等々力小学校前と清水の2か所で、PASMO・Suica利用時に乗継割引が新たに設定されます。
    ========

    しかしながら、東急バスオフィシャルサイトから9/28公式リリースされた情報によれば、等々力小学校前と清水の2箇所で乗り継ぎ割引が設定されても、東98全線をカバーする乗り継ぎ割引が設定されるわけではないんですよね。その旨がはっきり記される必要があるのではないかと思います。

    代わりに日中は、二子玉川駅~東京駅間を1乗車運賃で乗り継げることになりますが。