アルピコ交通上高地線 8日一部運転再開 残るバス代行区間は松本~渚の1.1kmのみ

全線再開まであと2駅分!

代行輸送ルートも変更に

Large 211001 matsumoto 01
上高地線の車両(画像:写真AC)。

 長野県松本市で鉄道を運行するアルピコ交通は2021年10月1日(金)、8月から運休しバス代行輸送が続く上高地線の松本~新村間のうち、渚~新村間を8日(金)に運転再開すると発表しました。

 上高地線では8月11日ごろからの全国的な大雨の影響で、上高地線の西松本~渚間にある田川橋りょうが被災。橋脚が傾くなどの被害を受け、松本~新村間で8月16日から運休、バス代行輸送に切り替えていました。

 8日以降は渚~新島々間で鉄道が運行され、バス代行輸送区間は松本、西松本、渚の3駅間のみとなります。またこれにより、代行バスの走行ルートと臨時のりばの位置も変更。線路南側を大きく回り込んでいた旧ルートから、松本駅~渚駅間を直結する約1kmのルートとなります。

【了】

【被災状況と代行バスの運行ルート】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント