ホンダCB1100「ファイナルエディション」発売 国内向け生産終了へ

空冷のCB、サヨナラです。

「RS」が10月、「EX」が11月に

 ホンダは2021年10月8日(金)、大型ロードスポーツモデル「CB1100 EX Final Edition」「CB1100 RS Final Edition」を予約期間限定で発売すると発表しました。

Large 211008 cb 01

拡大画像

CB1100 EX Final Edition(画像:ホンダ)。

「RS」は10月28日(木)、「EX」は11月25日(木)に発売します。予約期間は10月8日から11月末まで。想定を上回る予約を受けた場合、期間終了前に予約受付を終了する可能性があるそうです。

 ともに2種類のカラーを展開し、燃料タンク上面には「Final Edition」の文字をあしらった専用ステッカーがつくとのこと。価格は「EX」が136万2900円、「RS」が140万3600円(いずれも税込)です。

 CB1100は2010(平成22)年に発売。60年の歴史をもつホンダのCBシリーズのなかで、現行唯一の空冷エンジン(直列4気筒)を搭載したモデルです。ホンダはCB1100シリーズについて、今回のファイナルエディションをもって国内販売向けの生産を終了するとしています。

【了】

【最後の空冷CB】CB1100ファイナルエディションを画像でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント