ANAの松山行き バスで市街まで行きやすくなった…かも? 伊予鉄バス「ANA乗り換えアプリ」提携

クセはあるけど、使いこなせれば便利でお得…といったところでしょうか。

検索から購入まで一気通貫!がコンセプト

 ANA(全日空)から提供されている、経路検索機能、航空便運航情報のほか、ターミナル、搭乗口、保安検査場といった各種ロケーション情報を付加した独自のウェブサービス「ANA空港アクセスナビ」。言い換えれば「ANA流乗り換え案内アプリ」とも呼べるこのサービスに、2021年10月7日(木)より新たな機能が加わっています。

Large 01

拡大画像

上が松山空港のANA機、下が松山の繁華街「大街道」を走る伊予鉄バス(2021年10月、乗りものニュース編集部撮影)。

 愛媛県の伊予鉄バスと連携し、松山空港からの空港リムジンバスのチケットを「アクセスナビ」内で購入できるようになったのです。これまで空路とバスで松山市中心部へ向かうには、空港到着後バスの時間を確認し、売り場に並んでチケットを購入する必要がありました。新機能は、この「航空券購入→経路検索→バスのチケット購入」をアプリ上でワンストップで実施できるようにしようというものです。記者が実際に使ってみました。

 この「ANAアクセスナビ」は「ANAアプリ」から起動することができます。このアプリは、ANAの航空券購入や、国内線機内Wi-Fiを起動する際などに用いるもの。同社便利用者の多くがインストールしているこのアプリをそのままバスのチケット購入に使え、都市部まで行けるというのがポイントです。また、降りる時も引き換えURLの発行画面を運転手に見せるだけで完了します。運用開始直後ではあるものの、伊予鉄バスの運転手も難なく対応していました。

【スクショでササッと】「ANA乗り換え案内」でのバスチケット購入、楽なのか?

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント