1両まるごとグリーン個室も! JR四国 新たな「伊予灘ものがたり」を発表 キハ185系を改造

個室は定員8名!

2022年春運行開始予定

 JR四国は2021年10月18日(月)、新たな観光列車「伊予灘ものがたり」の概要を発表しました。

 新たな「伊予灘ものがたり」はキハ185系ディーゼルカーを改造した3両編成。外装は、伊予灘の夕景をモチーフとしたシンボルマークや茜色と黄金色のカラーリング、側面に大きく描かれた和デザインのヱ雲(えぐも)などを引き継ぎ、夕日の光に映えるよう、JR四国の車両で初めて全面にメタリック塗装を施します。

Large 211018 iyo 01

拡大画像

八幡浜方を先頭にした新たな観光列車「伊予灘ものがたり」のイメージ(画像:JR四国)。

 八幡浜方先頭車となる1号車の愛称は「茜の章」で、海向き展望シート、2人掛け山側シート、4人掛けボックスシートのグリーン座席で構成。定員は27名です。

 2号車の愛称は「黄金(こがね)の章」。海向き展望シート、2人掛け海向きペアシート、2人掛け山側シートのグリーン座席からなる定員28名の中間車です。

 1号車と2号車の号車愛称並びに室内イメージは、キハ47形ディーゼルカー「伊予灘ものがたり」のデザインを踏襲。開放的な和空間のイメージを演出するため、ガラス窓の間を障子の明かりに見立てたLED照明となります。椅子は洋風となりテーブルとともにサイズアップします。

 松山方先頭車となる3号車の愛称は「陽華(はるか)の章」。2人掛けソファーシート4席からなる、定員8名のグリーン個室1室(ラグジュアリールーム)とサービスギャレーを配置します。

 号車愛称は、「時間」「空間」という意味を持つ「はるか」という言葉に、「伊予灘ものがたり」の持つあたたかさを表す「陽」と、3号車のワンランク上の華やかさ、沿線に咲く花々を表す「華」で、「陽華(はるか)の章」としたものです。

 キハ185系の観光列車「伊予灘ものがたり」は、2022年春運転開始予定。従来と同様に 予讃線の松山~伊予大洲・八幡浜間で運行します。

 観光列車「伊予灘ものがたり」は、今回の車両リニューアルにより特急料金が適用となり、新たな特急グリーン料金とグリーン個室料金を設定。松山~八幡浜間で1号車「茜の章」または2号車「黄金の章」に乗車する場合は運賃1300円(予定)のほかに特急料金1200円(予定)とグリーン料金1500円(予定)が必要となります。

 3号車「陽華の章」に乗車する場合は、利用人数分の運賃・特急料金のほかにグリーン個室1室の料金2万8000円が必要です(2名以上で利用可能、定員8名)。

【了】

【画像】松山方先頭車の外観や車内イメージをサッと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント