容量増大のNEW交換バッテリーを採用 ホンダ電動三輪スクーター「ジャイロキャノピーe:」発売へ

フードデリバリーに最適の車種!?

充電待たなくてもバッテリー交換すればすぐ走れる

 ホンダは2021年10月28日(木)、電池容量を増大させた新型の交換式バッテリー「Honda Mobile Power Pack e:(モバイルパワーパック イー)」を動力源として用いる、屋根付きのビジネス用電動三輪スクーター「GYRO CANOPY e:(ジャイロキャノピー イー)」を、法人向けに10月29日(金)から販売すると発表しました。

Large 211028 gyroe 01

拡大画像

ホンダの「GYRO CANOPY e:」ファイティングレッド(画像:ホンダ)。

 GYRO CANOPY e:は、三輪ならではの特徴を生かした、荷物を積んだ状態での低速走行時や旋回時の安心感ある走りに加え、雨など天候の影響を受けにくくする大型のウインドスクリーンとルーフを装備。また、用途に応じた使い方ができるデッキタイプの荷台や、狭い場所での切り返しなどに便利な後進アシスト機能を採用しています。

 今回の新モデルで最大の特徴は、新型の交換式バッテリー「Honda Mobile Power Pack e:」を採用している点にあります。従来のモバイルパワーパックと比べて電池容量が増大したHonda Mobile Power Pack e:を2個使用し、一充電あたりの走行距離77km(30km/h定地走行テスト値)を実現したとのこと。また交換式バッテリーのため、予め充電済みのバッテリーを用意することで、充電されるまで待つことなく走行可能になります。

 Honda Mobile Power Pack e:は、従来のモバイルパワーパックと互換性があり、GYRO CANOPY e:だけでなく、全てのHonda e: ビジネスバイクで使用することが可能です。これにより各種集配ビジネスや巡回サービスなど、さまざまな業種の用途に応じて、電動の二輪車や三輪スクーターを選択できるとともに、モバイルパワーパックの共用化を図ることができるようになります。

【了】

【定番のホワイトもあり】色違いのジャイロキャノピーe:/新型の交換式バッテリー

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント