JR北海道 新型除雪車輌のキヤ291形ラッセル気動車を導入 愛称は「Vermilion Russel」

DE15形を置き換えます。

石北線に導入

 JR北海道は2021年11月10日(水)、老朽化した除雪車輌DE15形ラッセル機関車の置き換えるため、新型の除雪車輌キヤ291形ラッセル気動車1両を製作したことを発表しました。

Large 211110 kiya 01

拡大画像

キヤ291形ラッセル気動車(画像:JR北海道)。

 キヤ291形ラッセル気動車は、車両の両先頭に固定式の除雪装置を設置。DE15形ラッセル機関車と同性能の除雪性能を有します。GPSによる除雪車両操作支援装置や除雪装置の状態を撮影するカメラ、除雪装置やエンジンなど動作状況を画面に表示するモニタ装置を搭載します。なお、搭載するディーゼルエンジンは環境に配慮したものです。

 愛称は「Vermilion Russel」(朱色のラッセル車)。今冬期に石北線に導入し、降雪状況の確認をする予定です。

【了】

【画像】キヤ291形の除雪装置

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント