緊急着陸のF-16 燃料タンク投下のワケ 海上では高価なミサイルを投棄するケースも

青森空港に緊急着陸したF-16戦闘機の、投下した燃料タンクの落下位置が問題になりました。タンクの投下そのものは緊急時の対応としてごく一般的なものですが、タンクどころかミサイルを投棄することもあります。

三沢基地所属のF-16が緊急着陸 投下した燃料タンクが住宅地近くに落下

 2021年11月30日(火)、青森県にあるアメリカ空軍三沢基地に所属するF-16戦闘機2機が、日本海側から太平洋方面に向かって飛行していたところ、その内の1機がエンジントラブルに見舞われ、近傍にあった青森空港に緊急着陸しました。

Large 211202 f16 01

拡大画像

三沢基地所属のF-16戦闘機(画像:アメリカ空軍)。

 これにより、青森空港での民間旅客機の運航に支障が生じましたが、それ以上に問題となったのが、緊急着陸に先立ってF-16が投下した燃料タンクの落下位置です。緊急着陸したF-16は、両翼下に燃料タンクをふたつ装着していましたが、青森空港への緊急着陸に先立って、これらの燃料タンクを投下しました。

 当初、防衛省によると、アメリカ軍側の説明では、F-16は人の住んでいないエリアに燃料タンクを投下したとされていましたが、その後、徐々に状況が明らかになってくると、その説明には大きな誤りがあったことが明らかになりました。というのも、実際に燃料タンクのひとつが落下していたのは青森県深浦町近くにある道路で、その近くには住宅地も広がっていたのです。さらにもうひとつの燃料タンクも、同じ深浦町の山中で発見されました。

【写真】F-16戦闘機が緊急着陸した青森空港

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 今回の記事は残念
    まるで結論が出ているとでも言うような見出しに騙されたと感じる