トヨタEV発表会の演出に驚きの声 新EV4つ…? 後ろからゾロゾロ登場に「本気だ!」

トヨタが今後のバッテリーEV戦略について発表会を開催。その“演出”が話題になっています。トヨタのEVに対する本気度、ひいては「トヨタの力」を世の中に印象付けました。

「トヨタが本気出したら全てを破壊する」見せつけた力

「トヨタにとってEVなんて朝飯前だったってコト?!」
「ウチが本気でEVいったらこうなるぞ という警告なんじゃないか」

 2021年12月14日(火)にトヨタが開催したバッテリーEV(電気自動車)戦略の発表会に、SNS上で様々な声が上がっています。発表会でのある“演出”が、人々に「トヨタがEVに本気で向き合っている」ことを大きく印象付けたようです。

Large 211214 toyota 01

拡大画像

トヨタのEV発表会にて。bZシリーズ5車種の後ろに11車種が控えていた(トヨタの映像より)。

 まず会場に並べられたのは5台のEV。先般発表された「bZ4X」を含む、スバルと共同開発する「bZ」シリーズの未発表4車種がお披露目されました。豊田章男社長が一通りの車種説明を終えたうえで、2030年までに30車種のバッテリーEVを展開し、グローバルに乗用・商用各セグメントにおいてフルラインでバッテリーEVをそろえる」旨を宣言。その後が“トヨタ劇場”でした。

「それでは、みなさんご覧ください。さらなる、トヨタのバッテリーEVラインナップです!」

 すると幕があがり、奥からさらに11もの新作EVが登場。「私たちの未来のショールームへようこそ!」と声を挙げました。

 さらに豊田社長は、2030年までにバッテリーEVの販売台をグローバルで年間350万台まで引き上げ、レクサスも2030年までに欧州や北米、中国でのバッテリーEVシェア100%、2035年にはグローバルで100%を目指すとしました。

 このプレゼンの上手さにも賞賛の声が上がっています。かねてトヨタは欧米メーカーに比べてEVの開発が遅れているという印象を持たれていたのを、今回の演出で見事に払拭したことから、冒頭で紹介した声が上がったわけです。

「今日発表した未来は、決してそんな先の未来ではありません。ご紹介したトヨタのバッテリーEV、そのほとんどが、ここ数年で出てくるモデルです」(豊田社長)

 発表会で豊田社長は、「私たちは、できる限り多く、できる限りすぐに、CO2を減らさなければなりません」という、世界共通の目標を強調しました。その一方で、未来を予測することよりも、変化にすぐ対応できることが大切であり、「正解への道筋がはっきりするまで、お客様の選択肢を残し続けたい」としました。

「現時点では、地域によって、エネルギー事情は大きく異なります。だからこそトヨタは各国、各地域の、いかなる状況、いかなるニーズにも対応し、カーボンニュートラルの多様な選択肢をご提供したいと思っております」(豊田社長)

【了】

【これ全部売るの!?】発表された新EVの数々を画像で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント