東京駅からビッグサイト・東京港フェリー直行 JRバスが一般路線を新設

国際展示場駅から徒歩30分のアクセスが、バス直通に。

東九フェリーの発着埠頭へ

Large 211212 ariake 01
使用されるハイデッカー車両(画像:ジェイアールバス関東)。

 ジェイアールバス関東は2021年12月15日(水)、東京駅から国際展示場駅、東京ビッグサイトを経由して、東京港フェリーターミナルへ向かう新規バス路線を20日(月)から運行開始すると発表しました。

 東京港フェリーターミナルはお台場の南方に伸びる3つの突堤のうち、中央の突堤の先端にあります。現在この埠頭から、オーシャン東九フェリーが徳島・北九州をむすぶ4隻のフェリーを運航しています。

 国際展示場駅からは徒歩30分の距離にありますが、現在この埠頭へアクセスする公共交通機関はなく、乗船客に限り、国際展示場駅から無料送迎車があるのみでした。

 また、東京ビッグサイトへのバス路線は都バスの「都05-2」系統が勝どき駅経由で運行されていますが、今回途中バス停のない直行便が新たに運行されることとなります。

「東京駅~国際展示場駅・東京ビッグサイト・東京港フェリーターミナル線」は1日13往復運行。およそ1時間ごとの発車で、所要時間は東京駅八重洲南口高速バスのりばから東京ビッグサイトまで29分、東京港フェリーターミナルまで35分です。

 運賃は東京駅から各停留所までICカード使用で350円、国際展示場駅からは200円。現金での利用は10円~50円割高になります。

 使用される車両は1列4席のハイデッカー車で、車内トイレや充電用のUSBポート、車内Wi-Fiが備えられています。

【了】

【ルートとダイヤ、バスの内装を見る】

最新記事

コメント