走れ走れ、いすゞの「3 1/2tトラック」! 地味ながら多彩すぎる「陸自の必需品」とは

派手さなどは皆無でも、陸上自衛隊になくてはならぬ装備のひとつが「3 1/2tトラック」でしょう。メーカーは市販トラックでもおなじみいすゞ自動車です。実に多彩な仕様の同車両が、全国各地のさまざまな部隊に配備されています。

もちろん市販車とはひと味違う「陸自の足」

 陸上自衛隊の装備品といえば戦車や大砲などの迫力あるものから、大空を駆け巡るヘリコプターなどの“目立つ装備品”が多いなかで、決して目立つことはない、しかし、とても重要な装備品があります。それがいすゞ製の「3 1/2tトラック」、通称「3トン半」です。

Large 190710 3th 01

拡大画像

荷台に重機関銃を取り付けた「3 1/2tトラック」対空戦闘バージョン(武若雅哉撮影)。

「3 1/2tトラック」は、陸上自衛隊のほぼ全ての部隊が装備している車両です。そのため、隊員たちからすれば慣れ親しんだ車両であり、かく言う筆者(矢作真弓/武若雅哉:軍事フォトライター)も現役陸上自衛官時代には、関東周辺を中心に延べ数千kmに渡り運転してきた車両のひとつでもあります。

 最大速度は105km/h、最大安定傾斜角は左右方向に40度未満となっていて、この傾きの範囲であれば横転しません。また、水位80cm以下であれば水没することがない渡渉能力を持ち、200mの距離を23秒以下で走り抜ける加速能力があります。燃費は第5速で50km/hにて走行した場合に、1リットルあたり約3.5km以上と規定されています。

Large 190710 3th 02 Large 190710 3th 03 Large 190710 3th 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

入念に草を取り付け、周囲に溶け込むように偽装中(武若雅哉撮影)。
クレーンが取り付けられた「3 1/2t作業車」。通称「ユニック」(武若雅哉撮影)。
キャビン部分に防弾板が取り付けられている車両も存在する(武若雅哉撮影)。

 この3 1/2tトラックには、車体本体を流用した様々なバリエーションがあります。その一例を紹介すると、荷台には幌と折りたたみ式の座席が付いているベーシックな「3 1/2tトラック」、ダンプ機能が搭載された「3 1/2tダンプ」などに始まり、災害派遣で活躍する「5t水タンク車」や「燃料タンク車」、果ては「11式短距離地対空誘導弾」などのミサイルを搭載する車両まであります。

 記事を執筆している2019年現在では「3 1/2t(さんとんはん)トラック」と呼ばれているこの車両ですが、2003(平成15)年までに納入されていた車両は「73式大型トラック」という名称でした。これは、仕様書によって細部の部品まで細かく定められていた従来までのやり方を変えて、民生部品を流用し、製造コストを削減する目的で「制式化」という枠組みから外されたのがきっかけです。そのため、この年以降に納入された車両からは「73式」という名称がなくなっています。

【写真】どう見分ける? 「トラック」との違いは微妙「3 1/2ダンプ」

【秋の行楽に】飛行機予約はお得なスカイチケット!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190710 3th 09
  • Thumbnail 190710 3th 01
  • Thumbnail 190710 3th 02
  • Thumbnail 190710 3th 03
  • Thumbnail 190710 3th 04
  • Thumbnail 190710 3th 05
  • Thumbnail 190710 3th 06
  • Thumbnail 190710 3th 07
  • Thumbnail 190710 3th 08

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. まあいすゞと言ったところでいすゞはシャシだけで安定傾斜角度や軸重分布などの実測計算値や申請書類の作成はボデーメーカーの仕事ですからね
    しかしながら自衛隊御用達ともなれば安定傾斜角度の実測検査は同種の車においては最初の数台程度を実測するだけで以降は計算値の書類審査だけでしょうね。
    生産の重量誤差を考えれば計算値の審査で安定傾斜角度の検査に合格を出すなど恐ろしい話なのですがね。
    車は左右対称ではないので燃料タンクや運転席の位置など横転の条件が揃う不利な方を実測して安定傾斜の限界を審査して合格を出すべきなのですが生産性を理由に各々の車を実測しないのは不正検査と同じなんですけどね。

  2. 何だかんだ言っても、6輪駆動車ですから。
    近い仕様というか使い方が近いものはあるには有る。
    軽トラックの農繁モデルな。アクティアタックとか。
    この手の不整地走行目的の車は、ウルトラローウルトラローバックギアを持ちデフロック機構装備は当たり前。
    その代わり高速走行には向かない。しかし、泥濘でもタイヤ直径の半分までなら田んぼみたいな泥沼でも走破できる。タイヤチェーン必須だけどね。
    SKW462以前の旧車なら超高空核攻撃によるEMP攻撃喰らって電装系全滅してても、押し掛けすれば始動と走行は可能。
    新型は分からんがな。