特急・新幹線OK エリア別全線乗り放題きっぷ発売 6000円から JR西日本

お一人様「OK」です!

旅行会社のみで販売

Large 21220 tokyuh 01

拡大画像

JR芸備線(乗りものニュース編集部撮影)。

 JR西日本が2021年12月27日(月)から翌2022年4月2日(土)まで、「JR西日本 北陸エリアどこでもきっぷ」「JR西日本 中国エリアどこでもきっぷ」を販売します。

 きっぷの内容は、北陸エリアまたは中国エリアのJR西日本全線が、連続する2日間乗り降り自由になるもの。特急列車や新幹線の普通車自由席も利用できます。それぞれの値段は次の通りです。

○北陸エリア
6000円(子ども3000円)

○中国エリア
7000円(子ども3500円)

 利用期間は翌2022年1月7日(金)から4月10日(日)まで。販売期間中、出発日1か月前から7日前まで、1人から購入できます。駅レンタカーを特別価格で利用できる特典などもあります。

 販売箇所はJR西日本管内の主な旅行会社のみです。「みどりの窓口」などでは販売されません。

【了】

【地図】乗り放題のエリア

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 旅行商品の購入が必須よね

  2. ありがとうございます。中国エリアについては、もうプラス1,000〜2,000円加算でもいいので、小倉や博多も利用可(ただし新幹線経由で在来線は不可かつ九州島内は両駅のみ乗降可)としたら、のぞみ等の速達タイプもさらに便利に利用できて良いと思いますが、どうでしょうか。

  3. 京阪神からエリア内に入るまでの交通費が別にかかるし、旅行会社通すなら宿泊料金がプラスされて、倍の1万3千円ぐらいかかるとこあった。あんまりお得じゃないかも。