「サポカー限定免許」対象車両が狭すぎ? 後付け装置NG 新車に買替え一択か その「条件」

2022年から、「サポカー限定免許」が創設されますが、その対象車両は、意外と少ないかもしれません。衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い防止装置などの後付けは、すべてNG。限定免許の申請にはクルマの買い替えが必要になってきそうです。

運転できる車両 保安基準と性能評価認定で厳格に

 2022年から、運転できる自動車を先進安全機能のついた車両に限定する、「サポカー限定免許」が創設されます。それに関連して警察庁が2021年12月17日、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令などの概要を公表し、パブリックコメントを求めています。施行は2022年5月13日です。

Large 211223 sapo 01
スバルの運転支援システム「アイサイト」。こうした先進安全装備のついたクルマの限定免許が導入される(画像:スバル)。

 限定免許の導入そのものは、すでに決まっており、今回の一部改正は、その免許で運転できる車両の具体的な線引きを決めるものです。警察庁は「普通自動車」の中でも、次の2種類の条件にあてはまる先進安全技術を搭載した車両を対象に定めます。

・衝突軽減ブレーキを、道路運送車両法令の保安基準に基づき搭載している場合。
(40km/hで走行中に前方の静止車両に衝突しないなどの条件をクリアする車両)

・衝突軽減ブレーキと、ペダル踏み間違い時加速抑制装置が、先進安全技術の性能評価に基づいて認定されている場合
(20km/h以上で走行中に前方を横断する歩行者に衝突しないなどの条件をクリアする車両)

 保安基準と性能評価認定は、先進安全技術を搭載した車両の基準を示している点では同じですが、趣旨が違います。

 性能評価認定では、国土交通省が先進安全技術の普及を目指し、後付け装置でも積極的に認めてきました。しかし、警察庁は後付け装置については「サポカー」と認めませんでした。この理由について運転免許課は、次のように話します。

「サポカー限定免許に変更されると、サポカー以外の車両を運転すると無免許運転で罰則の対象になる。そのためサポカー対象車両を明確に定める必要がある」

 こうした「線引き」を実施しても、警察庁運転免許課は「対象となる車両は、2021年12月時点で300型式ある」と、けして少なくないことを説明します。

【サポカーってなに?】トヨタの基準を画像で見る

最新記事

コメント

Leave a Reply to MIC YANKEE Cancel reply

1件のコメント

  1. MT車などは乗れるようにしとかないと、軽トラに乗れなくなると日本の農業が立ち行かなくなる。
    そもそも、MT車は踏み間違えがないので、サポカーとは別だと思う。
    警察がそこまで考えるとは思わないが、是非ともMT車は対象外(限定付けられた人でも乗れる車)にすべきだろう