福井に誕生「たけふ新」駅 なぜそこに「新」? 実は理由があった

福井鉄道の越前武生駅が、2023年春に新たな駅名「たけふ新駅」へ変更されます。先日発表されたこの見慣れない新駅名、なぜ生まれたのでしょうか。

一瞬「ん?」となる駅名が生まれた理由

 福井鉄道の越前武生駅が、2023年春に新たな駅名「たけふ新駅」へ変更されることになりました。
 
 変更になった理由は、およそ3kmほど東側に新設される北陸新幹線の駅名が「越前たけふ駅」に決まり、重複を避けるためです。

Large 211227 takegu 01

拡大画像

駅名が「たけふ新」となる越前武生駅(乗りものニュース編集部撮影)。

 さて福井鉄道の新駅名、"駅"が付いていると違和感はありませんが、正式には「たけふ新」です。あまり他で見かけない珍妙な駅名に、SNS上でも困惑の声が。

 この「たけふ新」、実は2010(平成22)年まで使われていた駅名なのです。当時は漢字表記の「武生新」でした。また同時に、福井市内にある赤十字前駅は、同年まで「福井新」駅でした。

 福井新駅は1933(昭和8)年、福井駅前までの路面電車区間が開業したことで移設・再開業し誕生しました。かつては、専用軌道として走っていた区間の南端が武生新駅、北端が福井新駅だったのです。

 越前武生駅の新駅名は「福鉄たけふ駅」「福鉄えちぜん駅」「武生新駅」「菊花たけふ駅」「越前府中駅」から投票が行われて決定されました。福井鉄道によると、「武生新駅」が最多得票を得たため決定したとのこと。

 しかし昔とは違って武生を「たけふ」とひらがな表記にした理由について、福井鉄道は「武生という地名は県外のお客様に馴染みが薄く難読であるため、利便性を図ってひらがなとしました」と話します。

 なお、北陸新幹線の新駅が「越前たけふ」に決まったときも、同様に越前市長が「県外の人には読みにくく、また平仮名のほうが親しみをもってもらえる」と話しています。

【福井鉄道の懐かし電車200形&ドイツ製F10形】

最新記事

コメント