「EVを家電量販店で買う時代」到来 ヨドバシカメラが取扱い開始 公道OKの5車種

破格? いやこんなもん? 価格設定も注目。

ヨドバシで小型EV5種、15.9万円~

 ヨドバシカメラが2021年12月28日(火)から、ヨドバシカメラ新宿西口本店ならびに通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」にて、小型電動モビリティの販売を開始しました。

Large 211230 yodobashi 01

拡大画像

ヨドバシカメラで小型EVの販売を開始した(画像:ヨドバシカメラ)。

 株式会社ビークルファン(東京都江戸川区)が手掛ける以下5車種が取り扱われています。

●EV-TUK TUK
・100V電源、3人乗り、車検・車庫証明不要、航続距離80km±10km、
・車両本体価格66万円(税込)

 両側ドアがない「側車付軽二輪」登録で、普通自動車免許で運転可能。3人が乗車でき、近距離のお買い物・ドライブ・送迎などに最適という。

●VF-3
・100V電源、1人乗り、車検・車庫証明不要、航続距離60km±10km
・車両本体価格83万円(税込)

 両側ドアがある三輪「ミニカー」登録で、普通自動車免許で運転可能。1人乗車でゆったりしていて、乗用車感覚で運転できるとのこと。イモビライザー搭載のため セキュリティも安心。近距離のお買い物・ドライブなどに最適という。

●REVERSE TRIKER 3.0
・100V電源、2人乗り、車検不要、航続距離80km±10km】
・車両本体価格55万円(税込)

 前輪2+後輪1の「側車付軽二輪」登録で、普通自動車免許にて運転可能。前二輪のスイング機構により優れた路面応答性を実現し、電動ならではの鋭い加速と静粛性が特長。2人乗車、高速道路走行可。少し遠距離のドライブなどにも最適という。

●X-TREME EVO
・100V電源、1人乗り、公道走行可、航続距離 約40km
・車両本体価格15万9000円(税込)

 電動キックボードの進化形。原付1種または2種登録が可能。最高出力2000Wの強力モーターと軽量ボディによる、驚異的な加速を実現。前後サスペンションにより乗り心地も快適で、普段使いにもお勧めという。

●ASSIST WALKER
・100V電源、1人乗り、歩道走行可、軽量持ち運び可、航続距離 約12km
・車両本体価格24万2000円(税込)

 どこでも楽々移動できる歩行補助モビリティ。最高速度6km/hで歩行者扱いのため、公道・歩道の走行可能。電動折りたたみ機構と軽量設計により、自動車はもちろん、バス・電車・飛行機へも持ち込みでき、行動範囲が拡がるという。お子様からシニアまで、日常から世界旅行まで、お出かけを楽しく演出するとのこと。

【画像】ヨドバシで販売を開始した小型EVの詳細を見る

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント