京急最後の「パタパタ表示板」35年の歴史に幕 来月使用終了へ

2月中旬に終わります。

1986年に初導入

 京急は2022年1月12日(水)、京急川崎駅ホームの「パタパタ」発車案内装置(正式名称「フラップ式列車発車案内表示装置」)の使用を、2022年2月中旬をもって終了すると発表しました。

Large large 160913 keikyu 01
京急の車両イメージ(恵 知仁撮影)。

 京急線の「パタパタ」発車案内装置は、1986(昭和61)年12月25日に京急川崎駅に初めて導入され、最大10駅ほどに設置されたといいます。視認性がよく豊富な表示が可能であることから、その後、一時は案内表示板の主流となったものの、LED表示式への転換が進んだとのこと。今回の川崎駅の更新工事で、京急線での「パタパタ発車案内装置」の35年間の歴史が、幕を閉じることになります。

 今回同装置の運用が終了することにともなって、京急では各種イベントが実施されます。「パタパタ」発車案内装置を再現した「『パタパタ』発車案内装置引退記念乗車券」が抽選発売されるほか、同装置引退記念ナイトツアーの実施、キーホルダーや定規などの引退記念グッズが発売されます。

【了】

【写真】まもなく見納め! 京急川崎駅に残る「パタパタ」発車標

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント