住宅街に現れた超電導リニア関連施設 見た目は普通のマンション しかし居住者なしの謎

JR東海が、相模原市の住宅地に「さがみはら リニアブース」を開設。しかし周囲は普通の住宅街で、それがあるのも、普通のマンションです。なぜそうなり、またその目的は何なのでしょうか。

どう見てもマンションのエントランス…

 それは神奈川県相模原市緑区の、JR・京王橋本駅から西へ約1km少々の場所、何の変哲もない住宅地にありました。

 その見た目も、何の変哲もないマンションです。しかし、実は超電導リニア関連施設で、名前は「さがみはら リニアブース」。その建設をまず品川~名古屋間で進めているJR東海が、2022年1月30日(日)にオープンさせるものです。

Large 220125 sagamihara 01

拡大画像

超電導リニアL0系と「さがみはら リニアブース」(恵 知仁撮影)。

 その何の変哲もないマンションに入ると、まずクイズの解答用紙や、超電導リニアを描いた切り絵などが置かれていました。

 そして、どう見てもマンションのエントランスな場所に、超電導リニアL0系と、タカラトミーが発売した実際に磁力で浮上走行する超電導リニアの模型、そしてリニア中央新幹線とその工事に関する資料、クイズの問題が掲示、展示されていました。

 エントランスが超電導リニアに染まったこのマンション、実は、居住者がいません。築17年で、特に古いわけでもありません。

【ホントに飛び出て見える!】展示されていた「飛び出すL0系」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント