京阪奈にまたがる学研都市 そこを取り巻く鉄道新線計画とは 北陸&リニア新幹線構想も

「職住近接」を目指し、京阪奈にまたがるエリアで整備が進む学研都市は、鉄道の新規建設計画がいくつかあります。既存の近鉄けいはんな線延伸のほか、北陸新幹線やリニア中央新幹線の新駅など、誘致合戦も見られます。

北陸新幹線は京都から南回りに 新駅「松井山手」はどんなところ?

 京都、大阪、奈良の3府県にまたがる関西文化学術研究都市(学研都市)は、1987(昭和62)年に施行された関西文化学術研究都市建設促進法に基づき、整備が進められている国家プロジェクトです。関東では「つくばみらい学術研究都市」がありますが、学研都市は学術研究施設や大学教育機関、公共施設、住宅施設などを一体的に整備することを目的として動いており、2020年4月1日の時点で学研都市区域内は人口25万の規模となっています。

Large 200626 gakken 01

拡大画像

近鉄けいはんな線の7000系電車。大阪メトロ中央線に乗り入れる(画像:写真AC)。

 現行の鉄道線としては、JR学研都市線(片町線)をはじめ近鉄京都線、けいはんな線があります。しかし学研都市中心部への鉄道網は未達な部分が多くあり、学研都市が本来目指す「職住近接」の構図よりも、大阪、京都中心部のベッドタウンとしての役割が強くなっています。そんな学研都市には2020年現在も、新線、新駅計画がいくつか存在していますが、それはどのようなものでしょうか。おもなものを見ていきます。

 2046年ごろに新大阪駅までの延伸開業を目指す北陸新幹線は、計画前倒しの話も挙がっています。2017年には「南回り」ルートが決定し、途中の新駅は京都府京田辺市の松井山手に内定しました。

 ここは学研都市北部に位置し、近年は新興住宅地として注目されています。正確には、学研都市として定められているエリアからはやや外れますが、北陸新幹線のルート決定が将来の学研都市に大きな影響を与えることに間違いありません。

【地図】学研都市エリアの位置関係 計画路線も

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. >京阪の主要駅である大阪府内の樟葉駅までの直通バス、さらには京都駅や関西空港までの
    >直行バスが走るなど、沿線ではないものの、京阪が力を入れているエリアです。
    南海バスが京阪バスと共同運行(というか京阪バスの予約センターで南海高速バスが予約できる)の関係もあってか、神戸・大阪・京都~長野線以外の高速バス(そもそも通らない大阪~徳島線除く)が松井山手駅至近の京田辺PAに停車するんですよね(なんばや関空に行くバスも停車するのはここです)。単独運行の明光バス(京都~白浜線)も停車するという状態。

  2. 「つくばみらい学術研究都市」とは?ググってもこの記事しか出てこないようです。
    さすがに適当すぎて記事自体の信頼性にも疑問符を付けざるを得ないです…

  3. 近鉄けいはんな線の生駒以東(生駒駅 - 学研奈良登美ヶ丘駅間の8.6 km)は,近鉄が第2種鉄道事業者,奈良生駒高速鉄道株式会社が第3種鉄道事業者となっている。
    奈良生駒高速鉄道株式会社は第3セクターであり,同社のホームページによると,その出資比率は自治体が50%(奈良県・生駒市・奈良市),民間が50%(近畿日本鉄道・日本政策投資銀行他38社)である。このままの出資比率を維持するのであれば,京都府や京都府内の市町村の出資がないので,けいはんな線の京都府下への延伸は考えられないだろう。
    リニア新幹線の奈良市附近駅は,奈良市の地形条件を考慮すると関西線平城山駅や近鉄京都線高の原駅の近傍に設置される可能性が高いために,高の原駅への延伸の可能性が最も高いのではないだろうか。