秩父鉄道ついに「PASMO」導入 埼玉県内全路線IC化へ もちろんSuicaも使えます!

やっと!

秩父鉄道が交通系ICカードに対応

 秩父鉄道は2022年1月27日(木)、交通系ICカード「PASMO」のサービスを3月12日(土)から全駅で開始すると発表しました。「お客様の利便性向上やICカード利用による感染症対策の向上を目的に」としています。

Large 220127 chichibu 01
秩父鉄道5000系電車(伊藤真悟撮影)。

 PASMOだけでなく、Suicaなど相互利用が可能な全国10の交通系ICカードに対応しています。カードや定期券などの販売は、羽生、熊谷、武川、ふかや花園、寄居、長瀞、秩父、御花畑の各駅で対応します。

 これにともない、上記8駅と影森、三峰口以外の駅では、3月11日をもって駅窓口の営業を終了し、今後は係員が定期的に見回りを行うということです。

 秩父鉄道は埼玉県内の鉄道会社で唯一、交通系ICカード非導入でしたが、今回のサービス開始で県内すべての鉄道路線が交通系ICカード乗車券に対応することになります。

【了】

【自動改札じゃありません】秩鉄の駅に導入されるPASMO改札機 写真で見る

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 西武が秩父鉄道に乗り入れる時、ICカードを利用するとどんだけ不便であったのだろうか…

  2. 良かったですね。秩父鉄道にてでも交通系ICカードが使用出来るともなり、小さな駅ででは完璧に無人駅となってしまいますね。

  3. 入れるときもだけど入れてからの更新が負担になるICカード、大手が新しく何かを始めるための更新費用は例外なく関係無い中小にとっては無視出来ない負担となる。旅客の利便性的な必須と扱われるが会社に取ってはただの負担にならなければ良いが…