憧れの“寝台特急シングル個室”も格安で 客車の宿「ブルートレインたらぎ」ますます貴重な存在に

熊本県多良木町で寝台特急「はやぶさ」の客車をそのまま活用した宿泊施設「ブルートレインたらぎ」が営業中です。コロナ禍でますます貴重になっているブルートレインの宿ですが、ゆかりのない多良木町に来たのにはワケがありました。

九州最後のブルートレイン、なぜ多良木町に?

 東京~熊本間を約18時間で駆け抜けていた寝台特急「はやぶさ」の定期運行が終了してから十数年が経ちました。現在その客車の一部は、車両・施設をそのまま活用したトレインホテル「ブルートレインたらぎ」として熊本県多良木町で営業しています。

 くま川鉄道 多良木駅にほど近い同ホテルの客室として活用されている3両の客車のうち、1号車のスハネフ14-3(開放型4ベットタイプ)は、2009(平成21)年3月13日の最終運行も「はやぶさ」の運用についていました。また3号車のオハネ15-2003(個室タイプ)も、同日に廃止となった併結列車の「富士」(廃止時は東京~大分)に連結されていた車両です。車両側面には「特急はやぶさ 東京 FOR TOKYO」の方向幕が掲げられ、車内では、ほぼそのまま残されている寝台車のベッドで一晩を過ごすことができます。

Large 220201 taragi 01

拡大画像

ブルートレインたらぎ。往年の寝台特急「はやぶさ」の幕が掲げられている(宮武和多哉撮影)。

 施設の方によると、ブルートレインの現役当時を知らない子供も、未知の“4ベッド”(1室に向かい合わせで4つのシングルベッドが設置されている)に「秘密基地みたい!」と興奮し、何度も梯子を上ったり降りたり、客車内を探検したりするのだとか。

「はやぶさ」現役当時を知る世代にとって嬉しいのは、4ベッドタイプ、個室タイプともに宿泊料金が安いこと。「はやぶさ」の廃止当時には個室(A寝台・シングルデラックス)の料金だけで1万3350円の料金がかかり、これに東京~熊本間の乗車料金・特急料金がかかると3万円以上になりました。かたや「ブルートレインたらぎ」は1泊で3140円(2022年2月現在)。4ベッドでも個室でも料金が変わらず、当時の8分の1の値段で、ブルートレインの個室で一晩を過ごすことができるのです。

 しかも係員の方に声をかければ、現役当時にはまず入れなかった車掌室に入ることも可能。車内アナウンス用のマイクやまだまだ現役のオルゴール、紐を引いて鳴らすベルなどの機器を、眺めたり触ったりすることもできます。ただし、すべての部品はまず換えが効かないものばかり。くれぐれも大切に取り扱いましょう。

 この「ブルートレインたらぎ」の開業は、「はやぶさ」の定期運行終了から1年後の2010(平成22)年3月です。この車両はなぜ、同一県内とはいえ熊本市から100km以上も離れた多良木にやってきたのでしょうか。

【個・室・最・高!】ブルートレインの宿 内部を写真で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ブルートレインたらぎの個室はB寝台ソロなので寝台料金は6000円ですね
    今なら消費税があるから6600円かな