エアバス巨大機A380「ホテル化計画」とは 総2階建てフル活用 アタマからお尻まで客室に

ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社のお膝元、仏・トゥールーズのブラニャック空港至近に、総2階建て巨大旅客機「A380」をそのまま使ったホテルが誕生するかもしれません。どのような計画なのでしょうか。

部屋数まで固まっている!

 ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社が本拠を構えるフランス・トゥールーズのブラニャック空港。このエリアにユニークなホテルが新たに誕生するかもしれません。エアバス社の総2階建て巨大旅客機「A380」の機内を改装し、ホテルにしようという計画が進んでいるのです。

Large 01
仏・トゥールーズにあるエアバスA380(乗りものニュース編集部撮影)。

 現在検討が進んでいるこの「Envergure」計画、そのホテルのコンセプトは、かなり具体的なところまで決まっているようです。

 A380ホテルの機内は31の通常客室と2つのスイート客室で構成されるほか、機体の隣の建物には60席を配するレストランも建設される予定です。

 通常客室は、16平方メートルの広さをもつ2人むけの「スタンダードルーム」、23平方メートルの広さをもつ3~4人向け「デラックスルーム」の2種類から構成されます。ともにクイーンサイズのベッド、浴室(シャワー・トイレ付き)、オフィススペースを備えているとのこと。

【未来図】泊まりたい! A380ホテルをいろんな角度から

最新記事

コメント