国道17号・三国峠の 「新三国トンネル」3月19日開通 群馬・新潟県境

"国境"の難所を克服する新トンネルです。

2017年に掘削開始

Large 220114 mikuni 01
建設中の新三国トンネル(画像:国土交通省)。

 関東地方整備局は2022年2月3日(木)、群馬・新潟県境の国道17号で整備中の「新三国トンネル」について、開通日を3月19日(土)と発表しました。

 新三国トンネルは延長は約1.2km。現在の三国トンネルが狭隘で大型車のすれ違いが困難なことと、老朽化が著しいことから、整備が進められてきました。2017年8月に掘削開始、2年後の2019年8月に貫通しています。

 タンクローリーなどの危険物積載車は、長大トンネルの通行が原則禁止されています。関越道の関越トンネルは長さ1万1055mであるため、群馬県と新潟県とを移動する危険物積載車は、国道17号の三国峠を通行する必要がありました。今回の新トンネル開通で、これらの大型運搬車もトンネル内の通行がスムーズになります。

 三国峠周辺では、昨年11月に永井地区で線形改良工事が完了。急カーブをショートカットする新ルートが整備され、走行しやすくなっていました。

※誤字を修正しました(2月4日8時29分)。

【了】

【開通間近の「新三国トンネル」の詳細を見る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント