横浜地下鉄グリーンライン「二俣川・鶴見方面延伸」2022年度に事業化検討へ

「横浜環状鉄道」全通までは壮大な計画です。

「平成28年答申」に基づいて検討進める

Large 220114 yokohama 01
グリーンラインの延伸の事業化は実現するのか(恵 知仁撮影)。

 横浜市は2022年1月28日に、2022年度の予算案を発表。その中で都市整備局は、「交通政策審議会答申をふまえた事業化検討」を行うとしています。具体的には、横浜市営地下鉄グリーンラインの延伸構想を指しています。

 これは2016(平成28)年に国の諮問機関である交通政策審議会が答申した「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」において、位置付けられた構想です。

 グリーンラインの延伸は、「横浜環状鉄道」として、日吉~鶴見、中山~二俣川~東戸塚~上大岡~根岸~元町・中華街というルートで、放射状に広がる鉄道各線をネットワーク化するものです。

 ただし、実現には高い壁があります。答申では「事業性に課題があるため、横浜市等において事業性の確保に向けた取組等を進めた上で、事業計画について十分な検討が行われることを期待」としています。答申策定時に試算された事業費は7700億円。得られるであろう便益との比率である「費用便益比」は1以上であることが必須ですが、厳しい状況です。

 この「事業性の確保に向けた取組」が今回の横浜市の検討となります。まちづくりや交通計画によって利用客を増加させ、この費用便益比を1より高くできるのか、区間ごとにより詳細な試算を行い、その可能性を調査するといいます。

 2022年度の予算は300万円。都市整備局は「まずは隣接区間である中山~二俣川、あるいは日吉~鶴見に対し、検討業務の発注を行っていきたい」としています。

【了】

【元町・中華街まで!? グリーンラインの延伸構想を見る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

7件のコメント

  1. まずは武蔵小杉の混雑緩和と密緩和のためにもグリーンラインはまず新川崎への延伸を優先すべきでは?

  2. 以前交通政策審議会だった頃は目標年次までに開業/整備着手することが望ましいとか答申図に重みづけがしてあったのですが無くなりましたね。二俣川〜中山なんて需要、現在でもどれだけあるかわかりませんが東急新横浜線ができれば所要時間も縮まるでしょう。

  3. もうこれ以上横浜に地下鉄を作るのやめたら?

    新横浜での道路陥没を忘れた訳じゃないよね?

    • それは地下鉄じゃなく東急と相鉄ですよ

  4. ズーラシアに駅作れば周辺道路の渋滞緩和が期待できるし、ズーラシアの集客にも繋がるんじゃない?
    中原街道土日すごい混むからまじで作ってほしいわ

  5. 財政厳しい横浜にそんな余裕があるのか?
    山中市長。

  6. 中山~二俣川~東戸塚が開業したら免許の更新がしやすくなっていいですね。中原街道の混雑緩和にもなるし、動物園へのアクセスも良くなりそう。
    それ以外の区間はまあ……お好きになさったらいいんじゃないですか。