横浜の地下鉄を川崎へ ブルーライン延伸で何が変わる? カギは既存のバスと「たまプラ」

横浜市内を貫く市営地下鉄「ブルーライン」が、市の北端を超え、さらに川崎市の新百合ヶ丘まで延伸される見込みです。周囲は起伏の多い住宅街。既存のバス路線よりも所要時間は短縮されますが、新しい地下鉄には課題も存在します。

「ハマの地下鉄」川崎市に延伸、所要時間イッキに3分の1?

 横浜市営地下鉄・高速3号線(ブルーライン)が、あざみ野駅(横浜市青葉区)から市域を越えて新百合ヶ丘(川崎市麻生区)まで延伸される見通しです。2020年12月現在は途中駅の場所も、あざみ野側から「嶮山(けんざん)」「すすき野」「王禅寺」各地区におおむね決まり、2030年度の開業を目指して認可に向けた環境の評価などが進められています。

 あざみ野~新百合ヶ丘間は約6.5km、路線バスで30分から35分程度を要しますが、地下鉄ができれば所要時間は約10分程度にまで短縮されます。両端の駅はそれぞれ東急田園都市線、小田急線に接続しており、2、30分ほどで都心に向かえるため、地域住民の通勤先は都内が多く、いずれも「実質東京都」とさえ言われるほど。ブルーラインの延伸で、この地域は東京だけでなく新横浜や横浜ベイエリアへの通勤・移動がグッと楽になることが期待されます。

Large 201207 blue 01

拡大画像

ブルーライン延伸予定地は起伏の多い住宅街(2020年11月、宮武和多哉撮影)。

 川崎市は新百合ケ丘~川崎駅間を南北に結ぶ「川崎高速縦貫鉄道」の構想を廃し、一部区間で予定線の近くを走るブルーライン延伸に協力を申し出た経緯があるため、横浜市を経由するとはいえ、この区間の移動が改善されることは、数十年越しの悲願とも言えるでしょう。

 現在のあざみ野~新百合ケ丘間は、メインとなるバス路線「新23」系統(東急バス・小田急バス共同運行)以外に幾筋もの路線が運行され、昭和初期には地元新聞に「都筑のアルプス」(一帯はかつての都筑郡)と紹介されたほどの山岳地帯をカバーしています。新しく地下鉄沿線となる地域の特徴的なバス路線網を眺めながら、ブルーライン延伸後の課題を見てみましょう。

【地図/写真】ブルーライン延伸予定図/現地を歩いてみた

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 地下鉄があざみ野に来る前に東急はたまプラーザに誘致しようとしました。いずれ快速(当時)3駅連続停車となるのを避けたかったのでしょう。あざみ野駅ができたころ駅のそばに美しい茅葺き屋根が見えました。一説に今も現役だとか。途中駅の駅名はすすき野はやめてほしいですね、札幌の例を持ち出すまでもなく相模原市にすすき野がありますので。新百合ヶ丘の地下コンコースには小田急線の乗り場から直接降りれる階段をつなげていただいたら便利ですが同駅は数年前橋上に改札を増設したので無理でしょうね。 
    川崎縦貫鉄道という昔あった話についてですが、尻手黒川道路を、ここを通るのかなと思いながら走ってみましたが沿道には民家は多くなかったです。