相模鉄道「九代目そうにゃんトレイン」運転開始 勤務する「そうにゃん」の1日をデザイン

2023年3月下旬ごろまでの運転予定です。

つり革や座席シートは八代目からそのまま使用

 相模鉄道は2022年3月21日(月・祝)から「九代目そうにゃんトレイン」の運転を開始します。運転期間は2023年3月下旬ごろまで(予定)。

「そうにゃんトレイン」は、相模鉄道の広報担当として「そうにゃん」が“入社”した2014(平成26)年から運転を開始しているラッピング車両で、各代でデザインを変更しています。

Large 220317 sagami 01

拡大画像

「九代目そうにゃんトレイン」の横浜方先頭車のデザインイメージ(画像:相模鉄道)。

「九代目そうにゃんトレイン」は、勤務する「そうにゃん」の1日の様子を車両の前面や側面、車内にラッピング。「八代目そうにゃんトレイン」で設置している「そうにゃんつり革」と「そうにゃん柄の座席シート」もそのまま九代目で使用します。「そうにゃんつり革」は1両に2本、1編成で20本の設置です。

「九代目そうにゃんトレイン」の運転を開始を記念して、3月26日(土)から「九代目そうにゃんトレインデビュー記念入場券セット」を発売します。

 記念入場券セットはD型硬券入場券(大人)2枚をセットしたもので台紙付。横浜駅、星川駅、西谷駅、二俣川駅、大和駅、かしわ台駅、いずみ野駅、湘南台駅の計8駅と「きっぷと鉄こもの」ウェブサイトで販売します。なお券面デザインは販売駅ごとに異なり、かしわ台駅販売分は海老名駅の入場券です。

 販売価格は1セット300円(税込)で、販売数は駅販売・通信販売を含めて3000セット。ひとり1回につき5セットまで購入できます。

 販売期間は駅販売が5月8日(日)、通信販売は5月31日(火)までです。

【了】

【画像】車体側面のデザインや歴代のデザインなどをサッと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント