JAL、国内線運賃4月から値上げへ 好評の上位席「クラスJ」の「一律+1000円」も廃止に

羽田~那覇のアップグレードは「+3000円」です。

大人普通運賃は8%値上げ

 JAL(日本航空)は2022年3月24日(木)、国内線運賃の一部変更を決定したと発表しました。適用開始は2022年4月15日(金)購入分からで、運賃は値上がりする傾向です。

Large 01

拡大画像

JALのエアバスA350-900(乗りものニュース編集部撮影)。

 大人普通運賃、往復割引、株主割引の普通席運賃は、現在よりおよそ8%値上げ。小児普通運賃、JAL ビジネスきっぷなどの普通席運賃は、現在よりおよそ3%値上げします。

 また、上位クラスの「クラスJ」「ファーストクラス」の当日アップグレード料金も変更されます。

 これまで全路線一律で普通席+1000円だった「クラスJ」は、おおむね路線距離に応じるように3段階に。新料金は、羽田~小松、中部線、伊丹~福岡線などが+1000円、羽田~新千歳、伊丹、福岡線、大阪~那覇線などが+2000円、羽田~那覇、石垣線などが+3000円となります。これまで全路線+8000円だった「ファーストクラス」も距離に応じるように2段階となり、羽田~新千歳、伊丹、福岡線、大阪~那覇線が+1万円、羽田~那覇、石垣線が+1万2000円となります。

※ ※ ※

 JALは「新型コロナウイルス感染症拡大や、燃油価格の高騰による影響を受けるなど、厳しい状況におかれています。また、低燃費、低騒音の最新鋭機エアバスA350型機への機材更新など、環境問題への投資を継続的に実施してまいりました。こうした経営環境の中で、コスト削減の取り組みを徹底し、自助努力を重ねてまいりましたが、その影響が長期化していることから、このたび国内線運賃の一部を変更することを決定しました」としています。

【了】

【写真&表】JALの神席「クラスJ」実物&路線別新運賃の一覧など

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. ANAも3月8日発表で値上げしてるのに
    報道しない自由を行使する 乗りものニュース編集部
    ANA国内線運賃・料金の一部改定について
    ANA国内線運賃・料金を一部改定いたします。
    2022年3月27日(日)以降にご購入の航空券について、
    改定後の運賃・料金を適用させていただきます。
    上記適用開始日以前にご予約いただいた場合でも、
    ご購入が適用開始日以降の場合は
    変更後の運賃・料金の規則が適用となります。

  2. クラスJはさらに細かく変動制にしてもいいのではないか?
    例えば連休初日の羽田⇒那覇、連休・Uターンラッシュ最終日の那覇⇒羽田なんかは6千円くらいにするとかしてもいいと思う。