「圏央道4車線化」開通見通し立つ! 一部は2022年度末 難航の箇所も

2024年度以降の開通になる箇所もあります。

「圏央道4車線化」具体の開通見通しが見えてきた!

 国土交通省関東地方整備局とNEXCO東日本は2022年3月29日(火)、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)4車線化事業について、関係者間の「連絡調整会議(第1回)」を開催し、当該区間の開通見込みを明らかにしました。

Large 220330 kenodo 01
4車線化工事中の五霞IC~境古河IC間(画像:関東地方整備局)。

 事業区間は、暫定2車線(片側1車線)で開通している圏央道の久喜白岡JCT(東北道)~つくばJCT(常磐道)~大栄JCT(東関東道)間の92.2kmです。現在では約8割の区間で工事に着手しているといいます。

 このうち、久喜白岡JCT~幸手IC間8.5kmと、境古河IC~坂東IC間9.1kmについては、最も早い2022年度末の開通を目指すとされました。

 そのほかは、4区間31.8kmが当初予定である2024年度末までを目指すとされました。

 しかし4区間42.8kmについては、工事の進捗遅れから開通時期に影響が出ているため2025~26年度の開通に向け事業を進めるということです。

 遅れは、借地協議の難航や、橋梁設計の入札不調などが原因。開通見通しには、これらが「速やかに完了する場合」との条件が付されています。

【了】

【開通予定 一挙公開!】92.2kmの施工状況 画像で見る

最新記事

コメント