インド 独自開発の攻撃ヘリ「LCH」の調達を決定 AH-64E「アパッチ」と並行導入

着々とインドオリジナル航空機、増えています。

初飛行から12年経っての量産決定

 インド政府は2022年3月30日、同国のナレンドラ・モディ首相を中心とする内閣安全保障委員会(CCS)において、自国で誕生した開発した攻撃ヘリコプター「LCH」について量産を認め、調達を決めたと発表しました。

 LCHは、「Light Combat Helicopter(軽戦闘ヘリコプター)」の略で、ヒンドスタン航空機(HAL)が開発、2010(平成22)年3月29日に試作機が初飛行しています。今回、調達が決まったのは15機で、その内訳は空軍10機、陸軍が5機としています。

Large 220403 lch 00

拡大画像

インドのヒンドスタン航空機が開発した攻撃ヘリコプター「LCH」(画像:インド空軍)。

 説明によると、戦闘捜索救助(CSAR)、敵防空網の破壊(DEAD)、対ゲリラ(CI)作戦などに用いることが可能で、対地攻撃だけでなくUAVや低速の航空機に対する空対空戦闘能力、高山地帯も含めた高々度飛行性能、昼夜問わない全天候作戦能力、ジャングルおよび市街地での反乱鎮圧作戦および作戦支援にあたることが可能な能力を有しているとのこと。

 また敏捷性、操縦性、将来の拡張性にも優れており、これらにより、インド空軍とインド陸軍の運用要件を満たしていると判断したといいます。

 LCHは現在、国産化率は45%であるものの、将来的には55%まで段階的に引き上げる計画だそうで、LCHの導入により戦闘ヘリコプターの輸入依存度を減らすことが期待されるとしています。

 なお、インドでは現在、AH-64E「アパッチ」戦闘ヘリコプターもライセンス生産し、空軍への配備を進めています。

【了】

【実弾射撃も】インド独自開発の攻撃ヘリ「LCH」の様々なシーン

最新記事

コメント