マツダ「CX-60」日本仕様ついに公開 パワートレイン4種類! 初のPHEVも

CX-8より小さいです。

CX-60 欧州発表に続き日本仕様も

 マツダは2022年4月7日(木)、新型SUV「CX-60」の日本仕様を初公開しました。

Large 220407 cx60 01

拡大画像

CX-60(画像:マツダ)。

 CX-60はマツダが前年に発表した新世代商品群のうち、「ラージ商品群」の第一弾。3月に先行して欧州で発表されていました。全長4740mm×全幅1890mm×全高1685mmで、既存のCX-8と比べると全長は短く、全幅は広くなっています。なお、後輪駆動のFR車です。

 日本向けには4種類のパワートレインを用意しているのも大きな特徴でしょう。2.5Lエンジンと電動モーターを組み合わせたマツダ初となるPHEV(プラグインハイブリッド)「e-SKYACTIV PHEV」、直列6気筒ディーゼルエンジンにマイルドハイブリッド技術を組み合わせた「e-SKYACTIV D」は新機軸です。
このほか直列6気筒ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 3.3」、2.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」が用意されます。これらエンジンには、新開発のトルコンレス8速ATが組み合わされるといいます。

 安全機能面では、ドライバーの発作・急病などの異常を検知し、事故の回避・事故の被害軽減を支援する、「ドライバー異常時対応システム」を初採用。ドライバーのドライビングポジションの調整支援を行う「ドライバー・パーソナライゼーション・システム」も採用した機種を設定するとのことです。

 CX-60は2022年初秋の販売開始が予定されています。

【了】

【内装もイイゾ】CX-60 画像でたっぷり見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント