日本車のドア閉め音も“ドスン” いい音がするようになってきたワケ

クルマのドアを閉める際の、ドスンという重厚感のある音は、高級車や輸入車のひとつの象徴とされてきた側面がありますが、現在、日本の大衆車もドア開閉音を工夫しています。ただそのためにドアを「重く」しているわけではないようです。

「ドアの音ちがうでしょう」セールスマンの常套句?

「いいクルマはドアの閉まる音が違う」
 
高級車や輸入車をして、このように言われることがあります。重厚感のある、ドスンッと閉まるようなドアに対し、日本の大衆車、特に昔の軽自動車などは特に、バタンッという重くない、乾いた感じの音がするものもありました。

Large 210603 door 01

拡大画像

重いドアは開閉音もよいと言われるが…。写真はイメージ(画像:Aleksandr Khakimullin/123RF)。

「『国産車と比べてドアの音が違うでしょう』というのが、日本車と違う価値をお客様に与えるひとつのセールストークでしたね。特に男心はくすぐります」

 こう話すのはフォルクスワーゲンの元セールスマン。国産車と比べて重めのドアは、ドイツ車全体における特徴のひとつだといいます。

 ただ、国産車のドアが閉まる音も、昔と比べて「すごく良くなっている」とのこと。「クルマがグローバル化しているから、質も上がっているのでしょうか」といいますが、国内向けである軽自動車も、ドアの閉まる音を追求しています。

 たとえばホンダ「N-BOX」。同社はドアの閉まる音まで「上質感を追求した」とし、軽自動車でも「ドアの音はお客様の満足度にかかわるポイントのひとつ」と話していました。

 ただし、ドアは「重ければいい音がする」というわけでもないようです。

【重いドアの見本のようなクルマたち】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

6件のコメント

  1. そんな音を無くしてほしい。車のドアの開閉音と振動は近所迷惑以外のなにものでもない。

    • 感性がないなぁ。

    • 感性があればちゃんと近づけてからドア閉めるでしょうし、聴覚優位の人間にとって、配慮のないドアバン騒音は迷惑でしかないです(音の質を良くすることは否定しません)。

  2. 文中に、『車内の機密性を高めたりすることで』とあるけれど、
    機密性でなく気密性ではないかな?。

    • ご指摘ありがとうございます。修正しました。

  3. >車内の機密性を高めたりすることで、ドアの開閉音も変わってくるのだそう。

    「車内の気密性」という観点では、高速走行時の内外気圧差による吸い出し現象を抑制する必要があるのだが、その対策として日本車は窓枠を内側に倒した設計を採用したためウェザーストリップをつぶさねば扉が閉まらず、それが欧州車との音の違いに表れる。

    と、福野礼一郎『クルマはかくして作られる』でウェザーストリップ工場の方が述べておられる。