レーザーでチュドーン!!現実に イスラエル「アイアンビーム」試験成功 超コスパ防空兵器

イスラエルがレーザー迎撃システム「アイアンビーム」の試験で、無人機やロケット弾、対戦車ミサイルといった大型の目標の破壊に成功しました。まるでフィクションのような兵器は、既存の防空システムを大きく変えそうです。

レーザー兵器のレベルが違う? アイアンビームとは

 レーザーで物体を破壊する兵器――フィクションの世界が現実へ一歩近づきました。
 
 イスラエルの防衛企業ラファエル・アドバンスド・ディフェンス・システムズは2022年4月14日、同社がイスラエル国防省研究開発本部と共同で開発を進めている高出力レーザー迎撃システム「アイアンビーム」の実証機が、目標迎撃試験に成功したと発表しました。

Large 220425 iron 01

拡大画像

目標にレーザーを照射する「アイアンビーム」(画像:ラファエル・アドバンスド・ディフェンス・システムズ)。

 レーザー兵器をめぐっては、世界各国で開発が進められており、アメリカ空軍は小型の四輪駆動車にレーザー照射装置とドローンを検知する光学/赤外線センサーを搭載した「HELWS」(高エネルギーレーザー兵器システム)の試験運用を開始し、アメリカ海軍も「AN/SEQ-4」というレーザー兵器の艦艇への装備を進めています。これらのレーザー兵器は、いまや軍隊にとっても大きな脅威となっている市販ドローンクラスの目標を迎撃する想定で開発されたものです。

 また、ロシアとウクライナの戦いで、ウクライナは市販のドローンから戦車や装甲車に手榴弾を投下する「ドローングレネード」という戦法を利用して、ロシア軍に少なからぬ損害を与えていると伝えられています。

 市販のドローンによる攻撃は中東やアフリカなどでも行われており、その対策は各国の軍隊にとって喫緊の課題の一つとなっています。そうしたなかイスラエルで開発されているアイアンビームは、市販ドローンなどより大型、かつ高速で飛翔する目標の迎撃も想定しており、今回の試験でも固定翼型無人機や迫撃砲の砲弾、ロケット弾、対戦車ミサイルの迎撃に成功しています。

【レーザーでチュドーン!!の様子 アイアンビームを画像で見る】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 敵基地攻撃なんて戯言よりこっちでいいじゃん。誰も傷つけずに済む。