JR西日本 岡山・備後エリアに導入の227系 デザイン決まる シンボルカラーはピンク

101両導入します!

車体には暖色のグラデーションも

 JR西日本岡山支社は2022年5月10日(火)、2023年度以降に岡山・備後エリアに順次投入予定の新型車両227系の車両デザインを発表しました。

Large 220510 227 01

拡大画像

岡山・備後エリアに導入する227系の車両デザイン(画像:JR西日本)。

 デザインコンセプトは「豊穏の彩」(ほうおんのいろどり)。「豊穏」とは豊饒(ほうじょう)と穏和(おんわ)からの造語で、岡山・備後エリアの豊かで穏やかな気候・風土を表現。沿線を象徴する豊穏のピンク(岡山の桃/福山のバラ/尾道の桜)をシンボルカラーに、太陽の恵みや穏やかさを暖色のグラデーションで表現しています。暖色のグラデーションは既存車両の黄色と「サンライナー」の暖色帯を継承したものです。

 227系は、衝撃吸収構造や車両異常挙動検知装置、EB-N装置(運転士異常時列車停止装置)などの安全装置や設備を導入することで安全性を高め、バリアフリートイレや車椅子・ベビーカー利用スペースなどの快適に利用できる車内空間を提供し、出入り口付近のスペース拡大や車内ドア上部の情報表示装置による2か国語での行き先案内で利便性を向上するなどの特徴があります。

 この227系は2両編成と3両編成の計101両を山陽本線などに導入する予定です。

【了】

【画像】車内のイメージ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. カラシ色の227系は出ないでしょうか。